« 社民・辻元氏、消費税議論「タブーにせず」 | トップページ | 韓国・統一地方選結果、韓国各紙の分析 »

2010年6月 9日 (水)

ドイツ、軍事費を聖域化しない政治

 目を引いた記事をクリップしておきます。日本ではあれだけ財政再建を声高に叫びながらも、軍事費の削減を提起するのは日本共産党だけですから、ドイツの保守政権が打ち出したこの提起は彼我の差を感じさせます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2010年6月9日(水)「しんぶん赤旗」

独、兵士4万人削減
政府 “軍事費聖域化せず”

 ドイツ政府は8日、今後4年間で800億ユーロ(約8兆7200億円)にのぼる財政緊縮政策を発表しました。そのなかで軍事費を“聖域”にせず、軍改革で兵士を4万人削減、現在の29万人体制から25万人体制に移行することを打ち出しました。最終結論は9月に出します。

 ドイツの国防費は国内総生産(GDP)比1・3%と、北大西洋条約機構(NATO)の中では比率がもっとも小さい国の一つですが、グッテンベルク国防相は政府の財政状況にかんがみ、大幅な予算カットが必要だと述べていました。

 緊縮政策はその一方で、連邦公務員1万5千人を削減。さらに、社会保障・失業対策分野でも、育児休暇をとる親に支給する「親手当」の削減や、長期失業者の年金掛け金の国家負担の見直しなどが盛り込まれています。

 与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が必要だと主張していた所得税や消費税の増税は、連立を組む自由民主党(FDP)の反対にあい見送られましたが、これまで実施するとしていた所得税減税は棚上げにされています。

ドイツ、4年で8.8兆円の歳出カット 財政再建に軸
(日経電子版 2010/6/8 1:31)

 【ベルリン=赤川省吾】ドイツの連立与党は7日、2011~14年の財政政策の大枠を固めた。与党協議後に記者会見したメルケル首相は「欧州最大の経済大国として(ほかの国の)模範を示す」と発言し、社会保障費や国防費などの圧縮で4年間で総額800億ユーロ(8兆8000億円)の歳出カットを目指す。ドイツは欧州連合(EU)各国にも、財政再建に取り組むように呼びかけを強めるとみられる。

 国内総生産(GDP)に比べた財政赤字幅をどの程度減らすかは公表していないが、遅くとも13年にEUの財政基準である「3%以内」に収めることを狙う。09年の赤字幅は3.3%だった。

 歳出削減策には(1)失業者向け手当の削減(2)低所得者向けの支援の見直し(3)子育て支援の見直し(4)企業向け補助金の撤廃(5)国防費の削減――などを盛り込んだ。「これだけ幅広い分野で歳出削減に踏み切るのは戦後で異例」と独フランクフルター・アルゲマイネ紙(電子版)は報じた。

 メルケル首相は5月に政権公約だった所得減税を事実上撤回した。今回の歳出削減策で財政再建路線をさらに進める。

« 社民・辻元氏、消費税議論「タブーにせず」 | トップページ | 韓国・統一地方選結果、韓国各紙の分析 »

政治1(日本08-経済・労働・社会保障)」カテゴリの記事

政治3(世界1-ヨーロッパ1)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/48582611

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ、軍事費を聖域化しない政治:

« 社民・辻元氏、消費税議論「タブーにせず」 | トップページ | 韓国・統一地方選結果、韓国各紙の分析 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ