« 生活保護世帯、過去最多、134万世帯超に | トップページ | 所得の二極化進展 »

2010年6月13日 (日)

オランダ総選挙結果

 ちょっと興味を引かれたのでメモです。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

オランダ下院選での各党の議席
  今回
議席数
前回
(2006年)
議席数
自由民主党(VVD) 31 22
労働党 30 33
自由党 24 9
キリスト教民主勢力(CDA) 21 41
社会党 15 25
民主66 10 3
グリーンレフト 10 7
キリスト教連合 5 6
その他 4 4

2010年6月11日(金)「しんぶん赤旗」

オランダ総選挙
与党CDAが大敗
アフガン駐留延長に批判

 【アムステルダム=小玉純一】オランダで9日、下院総選挙(比例代表制、定数150、任期4年)が行われ、10日未明の開票率97%の時点で、バルケネンデ首相率いるキリスト教民主勢力(CDA)が20議席を減らして21議席にとどまり、大敗しました。自由民主党(VVD)が31議席で第一党。労働党が30議席で続いています。

 今回の選挙はオランダ軍のアフガニスタン駐留期限をめぐり、当初の期限どおりの年内撤退を主張する労働党の政権離脱を契機にした2月の3党連立政権崩壊に伴うもの。

 駐留延長を主張したCDAは第4党に転落しました。バルケネンデ氏は党首を辞任しました。

 アフガンの駐留問題では、アフガン警察の訓練要員を残して他の部隊は撤退するとみられています。

 選挙戦では、ギリシャ財政危機を背景に欧州共通通貨ユーロの危機が言われるなかで、財政赤字削減、歳出削減が焦点となりました。

 同国の財政赤字は国民総生産比6・6%。削減策でVVDが最大の削減規模を示しました。労働党はVVDの半分の削減規模を示す一方、高額所得者の所得税60%課税や銀行への特別課税を掲げました。

 「移民対策に費やす費用が少なくてすむ」とイスラム諸国からの移民阻止を主張した極右の自由党が15議席伸ばし24議席を獲得、第3党になりました。

 過半数の議席を得た党がないため、連立政権が課題となりますが、政党の組み合わせは不透明です。前回総選挙後は連立協議に3カ月を要しました。

« 生活保護世帯、過去最多、134万世帯超に | トップページ | 所得の二極化進展 »

政治3(世界1-ヨーロッパ1)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/48619504

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ総選挙結果:

« 生活保護世帯、過去最多、134万世帯超に | トップページ | 所得の二極化進展 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ