« 安藤たい作ニュース86号「3人に1人が認可保育園に入れない/行政が責任を持つ認可保育園を増設し、待機児を解消するのが区の役割ではないでしょうか!」 | トップページ | 安藤たい作ニュース87号「品川線は一時凍結しアセスのやり直しを/『中央環状品川線計画を考える会』で東京都に説明を求め、交渉を行いました」 »

2009年7月16日 (木)

映画「雲が出るまで」

 イェシム・ウスタオウル監督・脚本。2004年トルコ映画。2003年サンダンス・NHK国際映像作家賞受賞作品。5月10日未明(9日深夜)にNHK BS 2で放送されたものを録画して見ました。

 小品の趣ながら重いテーマを扱った素晴らしい作品でした。他民族・少数民族への拝外主義的な政治が、1人1人の人生に与える取り返しの付かない苦難と苦痛を、温かい目で、胸に沁みる形で描きます。

 サンダンス・NHK国際映像作家賞のホームページでは、あらすじを、「第一次世界大戦とオスマン帝国崩壊の結果、黒海周辺地域のギリシア人はトルコを追われた。アイシェはそうした国を追われたギリシア人の娘だった。トルコ人家族に助けられ、トルコ人として生きてきたが、年老いて家族もなくなった今、トルコに自分の居場所はなかった。アイシェは生き別れた弟に会うため、ギリシアへ向かう。」と紹介しています。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 安藤たい作ニュース86号「3人に1人が認可保育園に入れない/行政が責任を持つ認可保育園を増設し、待機児を解消するのが区の役割ではないでしょうか!」 | トップページ | 安藤たい作ニュース87号「品川線は一時凍結しアセスのやり直しを/『中央環状品川線計画を考える会』で東京都に説明を求め、交渉を行いました」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/45646496

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「雲が出るまで」:

« 安藤たい作ニュース86号「3人に1人が認可保育園に入れない/行政が責任を持つ認可保育園を増設し、待機児を解消するのが区の役割ではないでしょうか!」 | トップページ | 安藤たい作ニュース87号「品川線は一時凍結しアセスのやり直しを/『中央環状品川線計画を考える会』で東京都に説明を求め、交渉を行いました」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ