« 映画「ノーマ・レイ」 | トップページ | 安藤たい作ニュース90号「住民税の『年金天引き』の知らせに怒り!/生活保護基準以下の年金額の方からも天引き、納税相談の機会も奪うのは『生存権』の侵害です」 »

2009年7月31日 (金)

映画「約束の旅路」

 ラデュ・ミヘイレアニュ監督。

 たまたまテレビ放映されるのを見付けて見た作品ですが、イスラエルのエチオピア系ユダヤ人を素材にした人間愛のドラマで、2時間30分程の長い作品ながら、退屈せずに楽しめる、感動作です。

 ただ、このエチオピア系ユダヤ人は、イスラエル政府が、国の政策として、能動的に、エチオピアの中のユダヤ人と看做した人達を移住させたものですが(今も継続されているはずです)、にも拘わらず、イスラエル国内では激しい差別を受け、イスラエル政府からも極めてぞんざいに扱われます。この作品には、その様が映画の娯楽性を損なわない形で描き込まれており、強い憤りを覚えさせられます。ユダヤ教の特殊な解釈を何の媒介もなくそのまま国の政策とするというイスラエル政治のイデオロギー性が、当のユダヤ人達の人格と人生をこんなにも歪ませ抑圧するのだといういことを、この作品は分からせてくれました。日本政府による、日本人の満州移民政策や、朝鮮人の強制連行政策を思い起こさせます。

 養母ヤエルを演じたヤエル・アベカシスさんが、とても魅力的な俳優でした。

 以下のページがこの作品の理解を助けてくれるかも知れません。

『約束の旅路』に感動する前に――ホンモノのユダヤ人とニセモノのユダヤ人の区別?
エチオピアの「ユダヤ人」の「人権問題」?
イスラエル社会の最下層を構成するエチオピア系ユダヤ人

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「ノーマ・レイ」 | トップページ | 安藤たい作ニュース90号「住民税の『年金天引き』の知らせに怒り!/生活保護基準以下の年金額の方からも天引き、納税相談の機会も奪うのは『生存権』の侵害です」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/45788737

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「約束の旅路」:

« 映画「ノーマ・レイ」 | トップページ | 安藤たい作ニュース90号「住民税の『年金天引き』の知らせに怒り!/生活保護基準以下の年金額の方からも天引き、納税相談の機会も奪うのは『生存権』の侵害です」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ