« 映画「つみきのいえ」 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »

2009年5月15日 (金)

映画「ベルサイユの子」

 ピエール・ショレール監督。ギョーム・ドパルデュー主演。

 かなり良い作品でした。

 パリで小学生低学年くらいの子供と共にホームレス生活に陥った母親が、ベルサイユ宮殿を囲む森の中でホームレス生活を送る30代の男(ギョーム・ドパルデュー)と出会います。森の中では他にも何人かのホームレスが生活しています。母親は、男の下に子供を置いて、ホームレス生活から抜け出す努力を必死で始め、成功します。男は、子供のためにホームレス生活から抜け出す努力を始め、失敗します。その間に、森の中のホームレス達の生活と会話(思想)、そしてその1人の死が描かれます。また、男とその父親の葛藤、生活、会話(思想)も描かれます。子供も、男と父親ならびにその伴侶のお蔭でホームレス生活から抜け出します。これらを通じて、ホームレスを巡るフランスの社会と制度が描き込まれています。

 事情も異なり、感じ方・考え方も異なり、従ってその後の人生の展開も異なる3人のホームレスの人間を描くことによって、ショレール監督に依れば90万人のホームレスを抱えるフランス社会を見せ、感じ考えさせてくれた作品でした。

 ショレール監督は、「我が国は目には見えない社会的な分裂状態にあります。」「今や見失われつつある人権社会ですが、壮麗な宮殿のように、まだ現在も確かに存在するのです。この国の不正を語ることが、ベルサイユ宮殿が象徴するフランスの黄金期を取り戻す最初の一歩である。」と語ります。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「つみきのいえ」 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/45024285

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベルサイユの子」:

» カルト集団『幸福の科学』が政治に進出 [関係性]
 きっと出てくるだろうと予測していた。  カルト集団の創価学会が大手を振って政治に関与し、公明党が与党にへばり付き、自公政権を演出してきた。創価学会膨張の上げ止まりに対して、学会員を票集めへと駆り立てることにより結束力を高めて集票マシン・集金マシンとしてきた。そして、世論までも味方にする広告宣伝費を賄う仕組みまで出来上がった。  このお金に負けたほとんどの大手新聞・テレビは「学会批判」ができない状況に陥っている。  「宗教法人・幸福の科学が『幸福実現党』設立、衆院選へ」(asahi.com5月25... [続きを読む]

« 映画「つみきのいえ」 | トップページ | 映画「グラン・トリノ」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ