« 映画「息子のまなざし」 | トップページ | 映画「ロゼッタ」 »

2009年2月15日 (日)

映画「イゴールの約束」

 ジャン=ピエール & リュック・ダルデンヌ監督。

 不法移民の斡旋を生業とする父親に従ってそれを手伝う少年イゴールが、ブルキナファソ出身の移民の事故に遭遇した際、父親の命に従って治療しないまま死なせてしまい、その死んだ移民の妻にも嘘をつき続けるが、その移民が亡くなる直前に交わした妻子を守るという約束を忘れられず、ついには父親の命に反抗してその妻子を守り始め、最後には自分達が死なせたことを告白してしまう物語。

 屁理屈で自分を納得させながら犯罪的行為を繰り返す父親に、当然のように従属していた少年が、人の死を切っ掛けに逡巡・葛藤を経てそこからの脱却に踏み出しますが、踏み出したからといって単純に解決や希望が与えられる訳ではない、そういう人と社会の姿をきちんと捉えようとしていて、良い作品でした。

 ただ、1度見ただけの感想としては、「息子のまなざし」や「ロゼッタ」の方がもっと良かったかな。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「息子のまなざし」 | トップページ | 映画「ロゼッタ」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/44064360

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イゴールの約束」:

« 映画「息子のまなざし」 | トップページ | 映画「ロゼッタ」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ