« 日本共産党が日本経団連に申し入れ・会談「非正規労働者の大量解雇を中止・撤回し、大企業が社会的責任を果たすことを求める」 | トップページ | 安藤たい作ニュース80号「09年度予算は福祉くらし第一に!/日本共産党区議団と地区委員会が区長に2009年度予算要望書を提出」 »

2008年12月24日 (水)

日本共産党がトヨタと会談し雇用維持要請、「社会的責任重い」(記事追加)

 このような真正面からの真摯な行動こそが求められています。

 自民・公明与党や民主のように、雇用という人の生き死にに関わる問題を党利党略の対象にしてはなりません。

 トヨタやキヤノンを始めとする大企業のように、金融危機を解雇に利用してはなりません。潤沢な内部留保やここ数年で何倍にも増やした配当金はそのままに、一番弱い者(労働者と中小企業)に金融危機の負担をすべて押し付けるような安易な経営姿勢は改めさせるべきです。

 フランスでは、ローラン・ポエキ雇用相が、「(金融)危機を、企業移転や解雇計画に利用する企業があるが、それは不当だ」と述べ、スペインやドイツでも、政府が直接に日本共産党のような行動に乗り出していますが、日本でもそのような政府の対応こそが求められています。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

トヨタとの会談と会談後の記者会見


JCP movie(YouTube)
志位和夫チャンネル(ニコニコチャンネル&コミュニティ)

2008年12月25日(木)「しんぶん赤旗」

志位委員長、トヨタと初会談
大量解雇を中止・撤回し雇用を守る責任果たせ

2008122501_01_0

(写真)古橋衛トヨタ自動車専務取締役(中央左)に要求書を手渡す志位和夫委員長=24日、日本共産党本部

 日本共産党の志位和夫委員長は二十四日、トヨタ自動車の古橋衛専務、宮﨑直樹常務と党本部で会談し、トヨタ自動車とグループ企業がすすめている大量解雇の方針を中止・撤回し、大企業として雇用に対する責任を果たすよう求めました。これは志位委員長の申し入れにトヨタ側が党本部で会談したいと応じて実現したもの。大企業の幹部が党本部を訪れるのは初めてです。会談には党側から吉井英勝、佐々木憲昭の両衆院議員が同席しました。

 志位委員長は、冒頭、「期間・派遣労働者の大量解雇が深刻な社会問題になっているが、トヨタという日本を代表するリーディング・カンパニー(主導的企業)が大量解雇の引き金を引いた、その社会的責任はきわめて重大だと考えている」「株主への巨額の配当、巨額の内部留保を考えても大量解雇が避けられないとする合理的理由は考えられない。大量解雇を中止・撤回し、雇用にたいする社会的責任を果たすよう求める」とのべました。

 そのうえで、四点にわたってトヨタ側の認識と見解をただしました。

「非正規切り」 人道に照らし許されない

 第一は、「非正規切り」が人道に照らして許されないという問題です。

 志位氏は、トヨタ自動車とその連結企業で九千八百五十人、トヨタ・グループ総計で一万千六十人の人員削減計画が進められていることを指摘。「雇い止め」された非正規社員が職を失うと同時に住居も失い、ホームレスに追い込まれている事態などを示し、「人道に照らして許されない。トヨタでは、期間従業員を景気の『調整弁』と位置づけているのか」とのべました。

 古橋専務は、人道問題との指摘には「ある側面そうだと思う」とのべつつ、期間従業員の位置づけについては「従業員の一つの形態と考えている」とのべるにとどまりました。

契約中途の解雇 法令に違反

 第二は、法令順守の問題です。志位氏は、期間・派遣労働者の契約中途での解雇は法令違反となり、たとえ契約満了の「雇い止め」であっても「雇用継続への合理的期待が認められる場合」などは、解雇と同じように扱われ、違法となると指摘。トヨタが「最長で二年十一カ月まで働ける」とうたう求人広告で期間従業員を募集・採用しながら、今回の人員削減でその多くが六カ月など短期で「雇い止め」としているのは「違法性がきわめて高い」と指摘しました。

 宮﨑常務は「トヨタ本体では中途解約は行っていない。グループ企業、仕入れ先にも同じ姿勢でやってほしいといっている」と説明するとともに、契約満了の「雇い止め」については「やれることは可能なかぎりやっているつもり」とのべました。

大量解雇には合理的理由ない

 第三は、大量解雇が避けられない合理的理由がないことです。

 志位氏は、トヨタ自動車がこの八年間に、株主への中間配当を五倍に、内部留保を二倍近く増やしていることを指摘。「雇用維持のためには内部留保の0・2%、中間配当の八分の一を回すだけで足りる」とのべ、「この点でも大量解雇の合理的理由はない」と強調しました。

 古橋専務は「配当は三月期決算をみて決める」「内部留保については、内部留保を取り崩してまで(期間従業員の雇用を維持することはない)というのが、経営判断だ。そこは価値判断の違いだと思う」とのべました。

 志位氏が、「いま日本の経済界では、労働者の生活よりも、大株主への配当を優先させる傾向が顕著だと思う。こうした『株主至上主義』とでもいうべき風潮は、資本主義のあり方としても一つの堕落ではないか」とただしたのに対し、古橋専務は「アメリカ的株主優先は、あまりにもどうかなと思う」、「日本型経営とアメリカ型経営についていま議論されるべきだ」とのべました。

経済を悪循環に突き落とす

 第四は、競い合って大量解雇をすすめれば日本経済を雇用破壊と景気悪化の悪循環に突き落とすことになるという問題です。

 志位氏は、「日本経済を立て直すには外需依存から脱却し、内需に軸足を移すことが必要だ。大量解雇をすすめれば景気の底が抜けてしまう。それはトヨタにとっても自殺行為ではないか」とのべました。

 古橋専務は「そういう論理もあるかもしれない」としながらも、「国内での需要がないので外に出た。需要が先か雇用が先かという議論だと思う」と語りました。

 志位氏は、内需を低迷させたのは政治の責任とともに、大企業の企業行動に大きな問題があると指摘するとともに、豊田章一郎名誉会長が、終戦直後、経営危機のなかで雇用を維持するために事業を広げようとカマボコづくりの修業を行ったことにもふれて、「トヨタがその社会的責任を深く自覚して、大量解雇を中止・撤回するよう重ねて求める」とのべました。

共産、トヨタと会談し雇用維持要請 「社会的責任重い」
(朝日電子版 2008年12月24日11時30分)

Tky200812240138

会談の冒頭、握手を交わす共産党の志位委員長(左)とトヨタ自動車の古橋衛専務=24日午前、東京都渋谷区の同党本部、細川卓撮影

 共産党の志位委員長が24日午前、党本部でトヨタ自動車の古橋衛専務ら同社幹部と会談し、「トヨタの社会的責任は重い。巨額の内部留保や配当を行っており、大量解雇する合理的理由はない」として解雇の中止・撤回と雇用維持を要請した。

 会談は同党が申し入れた。志位氏は「非正規社員の大量解雇が深刻な社会問題になっている。リーディングカンパニーのトヨタが大量解雇の引き金を引いた」と指摘。古橋氏は「自動車業界・経済界がどういう状況になっているのか、生の実感をご理解頂きたい」と応じた。同社は、来春までに派遣労働者ら約4千人を削減する計画を発表している。

 共産党には、派遣労働者らから窮状を訴える電子メールが殺到しているという。こうした声を踏まえた企業への要請はキヤノン(6月)、いすゞ自動車(11月)に続き、今年3回目。18日には経団連幹部とも初めて会談している。

共産・志位氏、トヨタ幹部と会談へ 雇用維持を要請
(朝日電子版 2008年12月22日17時56分)

 共産党の志位委員長が24日、党本部でトヨタ自動車幹部と会談し、解雇の中止・撤回と雇用維持を要請する。

 同党の企業への「直談判」はキヤノン(7月)、いすゞ自動車(11月)に続き、今年3回目。18日には経団連幹部とも初めて会談している。今回は、トヨタ側が出向くと回答し、党本部で行う異例の形となった。トヨタ側は古橋衛専務らが出席する。

 トヨタは、来春までに派遣労働者ら約4千人を削減する計画を発表している。共産党には派遣労働者らから窮状を訴える電子メールが殺到しており、「直談判をしてでも企業に雇用維持の社会的責任を果たさせたい」(党広報部)としている。

人員削減撤回を申し入れ=共産委員長、トヨタ幹部と会談
(時事電子版 2008/12/24-16:12)

 共産党の志位和夫委員長は24日、党本部でトヨタ自動車の古橋衛専務取締役らと会談し、同社が決めた期間従業員3000人の削減計画について「大量解雇が避けられない合理的理由は考えられない」と述べ、非正規労働者らの雇用を維持し、社会的責任を果たすよう求めた。

 志位氏は「トヨタは巨額の内部留保を抱え、配当も行っている」と指摘。同氏によると、トヨタ側は「内部留保を取り崩してまで期間従業員を守ることはできないという経営判断だ」として、計画を撤回する考えがないことを説明した。

.共産、トヨタに解雇中止申し入れ  志位委員長が専務と会談
(共同電子版 2008/12/24 10:59)

 共産党の志位和夫委員長は24日午前、東京・千駄ケ谷の党本部で、トヨタ自動車の古橋衛専務と会談した。トヨタグループ各社の非正規労働者の大量解雇計画の中止、撤回を求める。

 志位氏は同社の奥田碩相談役がかつて雑誌のインタビューで「不景気と言って簡単に解雇する企業は、優秀な人材を引き留めておけず競争力を失う」と述べたことを指摘。トヨタグループには雇用を維持する体力が十分にあると強調する考え。

 会談は共産党が申し入れて実現。トヨタの宮崎直樹常務役員、共産の吉井英勝、佐々木憲昭両衆院議員が同席する。

 共産党トップの志位氏が雇用問題で企業幹部と会談するのは、今年6月のキヤノン、先月のいすゞ自動車に次いで3社目。志位氏は18日には日本経団連幹部と初会談するなど、経済界への働き掛けを強めている。

« 日本共産党が日本経団連に申し入れ・会談「非正規労働者の大量解雇を中止・撤回し、大企業が社会的責任を果たすことを求める」 | トップページ | 安藤たい作ニュース80号「09年度予算は福祉くらし第一に!/日本共産党区議団と地区委員会が区長に2009年度予算要望書を提出」 »

政治1(日本08-経済・労働・社会保障)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/43515666

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党がトヨタと会談し雇用維持要請、「社会的責任重い」(記事追加):

» 日本共産党元旦新聞広告 [BLOG BLUES]
元旦の新聞には、各企業が全面あるいは二面ぶち抜きで、自社の 企業理念を語る広告が並ぶ。その中に、日本共産党も割り込むのである。 日本国中が、騒然となろう。左様、マスメディアを通しての革命宣言である。 人類史上初の試みである。赤旗志位之助クン、やってみなはれ。 上掲は、シリーズキャンペーンの立ち上げである。 広告表現のキモである「保守から共産へ」の検索ワードは、 僕の確信であり、同様の確信を持つ国民は広く潜在すると考える。 それを一気に顕在化させるのが狙いだ。 この後、自民... [続きを読む]

» 責任回避の経済界と自公政権 [関係性]
 中小企業のオヤジ連中と顔を会わせると、皆ひまでイライラし、銀行員に勘ぐられまいと遠くを眺めている風情である。全く注文がなくなり、見えない将来を見ようとするが見えっこないことを承知の浮かなさである。  “手の打ちようがないよ”  “この不景気、相手が悪すぎる”  “欧米に売っていなかっただけでも内はまだまし”  “ここまで耐えてきたが、来年3月を越えられない”  “注文に合わせて素材を仕入れたが、急に注文がキャンセルで生産にも入れない”  “支払日を伸ばされた、現金がない”  “人の心を覗き込もうと... [続きを読む]

« 日本共産党が日本経団連に申し入れ・会談「非正規労働者の大量解雇を中止・撤回し、大企業が社会的責任を果たすことを求める」 | トップページ | 安藤たい作ニュース80号「09年度予算は福祉くらし第一に!/日本共産党区議団と地区委員会が区長に2009年度予算要望書を提出」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ