« 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 映画「4ヶ月、3週と2日」 »

2008年12月14日 (日)

映画「ギルバート・グレイプ」

 ラッセ・ハルストレム監督。

 夫が何も言わないまま自宅の地下室で自殺したショックから、自宅のソファに座って何もしない生活となり、極限まで肥満した母親。知的障害を持ち、精々10歳までしか生きられないだろうと宣告された18歳になる弟。主人公ギルバートは、こういう彼らを愛し支える生活を、小さな田舎町でごく自然に当たり前のように送っています。彼が勤めるのは町にある昔ながらの食料品店ですが、それも近くにできた大型スーパーのために衰えています。彼は、夫が保険代理店らしき仕事をしている夫人と軽い恋をしています。それに同じ町に暮らす昔ながらの友人とやはり顔見知りである保安官がいます。そこに、キャンピングカーで移動して暮らす孫娘と祖母のカップルが車の故障からしばらくこの町に滞在することになります。

 それぞれが不十分な点を持ち、相手を苦しませたり悲しませたりしながらも、面倒を見たり見られたりして暮らしています。一時的に滞在することになった孫娘が新鮮な空気をもたらします。

 弟は保安官に勾留されたことで母親を動かします。その母親は亡くなり、そのために子供達は動かされます。

 ごく普通の人の交流の中で、人は生かされていくのだなあと思わされました。いい作品だと思います。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 映画「4ヶ月、3週と2日」 »

映画・テレビ4(アメリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/43422642

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ギルバート・グレイプ」:

« 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 映画「4ヶ月、3週と2日」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ