« 東中野修道氏は「一審では・・存在を認めていたのに、(二審では)架空の人物と主張を変えた。明らかに矛盾がある」、「採用できない」―東京高裁2008年5月21日・柳田幸三裁判長 | トップページ | 映画「存在の耐えられない軽さ」 »

2008年5月29日 (木)

映画「ランジェ公爵夫人」

 ジャック・リヴェット監督。

 原作がバルザックというのに惹かれて見ましたが、とても疲れているときに行ったので映画に集中できませんでした。残念。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 東中野修道氏は「一審では・・存在を認めていたのに、(二審では)架空の人物と主張を変えた。明らかに矛盾がある」、「採用できない」―東京高裁2008年5月21日・柳田幸三裁判長 | トップページ | 映画「存在の耐えられない軽さ」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/41362473

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ランジェ公爵夫人」:

« 東中野修道氏は「一審では・・存在を認めていたのに、(二審では)架空の人物と主張を変えた。明らかに矛盾がある」、「採用できない」―東京高裁2008年5月21日・柳田幸三裁判長 | トップページ | 映画「存在の耐えられない軽さ」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ