« 映画「母べえ」 | トップページ | 映画「殺人に関する短いフィルム」 »

2008年3月 8日 (土)

映画「愛に関する短いフィルム」

 クシシュトフ・キェシロフスキ監督。「デカローグ」第6話のリメイク。

 孤独な19才の青年が、向かいのアパートに住むやはり孤独を持て余す年上の女流画家に、未熟で屈折してはいるが純粋な愛情を抱き、両者の葛藤を経た上で、それぞれが成長・成熟していく物語。

 とてもいい映画でした。

 ラストシーンは、年上の女流画家を演じたグラジナ・シャポウォフスカの意見により「デカローグ」のものと変えられ、監督自身は「デカローグ」のものの方が好きなようですが、これはこれで素敵なラストシーンでした。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「母べえ」 | トップページ | 映画「殺人に関する短いフィルム」 »

映画・テレビ3(ヨーロッパ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/40427792

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「愛に関する短いフィルム」:

« 映画「母べえ」 | トップページ | 映画「殺人に関する短いフィルム」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ