« 映画「華麗なる一族」、「金環食」、「不毛地帯」、「忍びの者」、「続・忍びの者」 | トップページ | 安藤たい作ニュース47号「コスト論で地域から学校なくすな。一般質問報告(上)『「小規模校は問題」とレッテル貼り、非公開で進める学校統廃合はやめよ』」 »

2007年12月12日 (水)

葛飾ビラ配布事件、東京高裁が違法弾圧を追認―東京高裁2007年12月11日・池田修裁判長(追加)

 こういう行為を刑罰を以て禁圧しなければならないのでしょうか?

 被告人の荒川庸生さんは、マンションのドアポストに日本共産党の議会報告と区民アンケート用紙を配っていた訳ですが、このマンションの住民はこの行為に刑罰を科してまで禁止して欲しかったのでしょうか?

 こういう行為をしたら、警察に逮捕され、23日間拘置され、10万円の罰金を求刑され、数年に渡る裁判を強いられ、結局5万円の罰金を科されなければならないのでしょうか?

 このような結果は明らかに社会常識に反するでしょう。ましてや民主主義社会の根幹をなす政治活動・政治言論に関わることですからなおさらです(憲法21条)。

 裁判所は法の支配を実現することをその根本任務とする国家機関です(憲法81条)。それが人の支配・実力組織たる警察の支配を追認するようでは、裁判所の存在意義は全くありません。

 時の権力・実力組織に媚びへつらう池田修裁判長はそもそも裁判官として失格と言うべきです。このような裁判官が最高裁判所からは重用されるのでしょうか。これからの彼の経歴にも注目しておく必要があります。

 事件・裁判自体については2006年12月9日の記事を参照してください。

 (12月13日追加)後プレカリアートさんの以下の記事が常識的な感覚で書かれていていい感じなのでリンクさせてもらいます。僕ももう何年もマンションに住み、管理組合の理事も何年もやっているので、その感覚から僕が言いたいと思うことをよく書いてくれてます。

アフガン・イラク・北朝鮮と日本「こんな御用判決なら九官鳥で全て事足りる」

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「華麗なる一族」、「金環食」、「不毛地帯」、「忍びの者」、「続・忍びの者」 | トップページ | 安藤たい作ニュース47号「コスト論で地域から学校なくすな。一般質問報告(上)『「小規模校は問題」とレッテル貼り、非公開で進める学校統廃合はやめよ』」 »

司法3(政治活動の自由)」カテゴリの記事

コメント

 saruさん、拙ブログ記事をわざわざ取り上げて下さり、有難うございます。裁判長を九官鳥に例えたのは流石に少し書きすぎたかなとは思いましたが、しかしあれくらい書かなければ、誰も言論弾圧の危険性を認識してくれませんからね。
 その拙ブログ記事から先程こちらにもTB送らせて貰いましたが、saruさんの方で既にリンクを張って下さっていたのですね。屋上屋を重ねる事になってもアレなので、先程送ったTBについては、申し訳ありませんがそちらで削除していただけませんか。お願いします。

 プレカリアートさん、わざわざコメントまでありがとうございます。

 いえ、TBは削除しません(^^)。いろんな所で気付いてアクセスして欲しい記事ですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/17348400

この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾ビラ配布事件、東京高裁が違法弾圧を追認―東京高裁2007年12月11日・池田修裁判長(追加):

» 『限界集落』・・人と環境の破壊 [関係性]
 10月18日に京都府綾部市で「全国水源の里シンポ」が開幕した。  過疎高齢化で存続の危機にある『限界集落』について考えるもので、『限界集落』の概念を提唱した大野晃(長野大教授)の基調講演と地域再生に取り組む人たちのパネルディスカッションが行われた。   [画像]   (京都新聞より10月19日付け)  『限界集落』とは、「65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、冠婚葬祭をはじめ農業用水や生活道の維持管理などの社会的共同生活の維持が困難な状態に置かれている集落」と大野氏は規定している。  綾部... [続きを読む]

» 共産党のビラ配布に対し不当判決 [世界の片隅でニュースを読む]
 共産党の「都議会報告」などのビラを東京都内のマンションのドアポストに配布していた人が住居侵入罪に問われていた訴訟で、東京高裁は一審の無罪判決を破棄し、被告に罰金5万円の支払いを命ずる不当判決を下した。  昨年8月に東京地裁が下した一審判決は「防犯意識の高まりなどを考慮しても、ビラを配布する目的で昼間に短時間立ち入ることすら許されないという社会通念が確立しているとはいえない」(読売新聞 2007/12/11 20:36)と奥歯にものがはさまったような物言いながら、至極当然の内容だったのに対し、今回... [続きを読む]

» 軍隊をシビリアンコントロールするために〜軍オンブズマン制度あるいは兵士組合について情報ください [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 戦争に反対する人は、これまで自衛隊の存在自体を前提とした議論をすることがなかなかできなかったように思う。つまり、自衛隊はなくすべき対象であって自衛隊を存続させつつ、民主的なものにするという発想は、それ自体が危険なものだと考えられてきたのではないでしょうか。  しかし、現に強力な自衛隊が存在し、当面、廃止されそうにもない中で、佐藤正久議員が駆け付け警護発言をし、テロ特措法で派遣された部隊の隊長が帰還することを残念だと公言するような状況を放置して良いのか?という問題に真剣に取り組まなければならない時... [続きを読む]

» 『国家は僕らをまもらない』 [ジョディーは友達]
  憲法は、国家権力に対する歯止めである。   権力は放っておくと、人権を蹂躙す [続きを読む]

» こんな御用判決なら九官鳥で全て事足りる [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
・政党ビラ配布事件:東京高裁、逆転有罪 表現の自由「無制限でない」(毎日新聞)  http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2007/12/12/20071212ddm041040132000c.html ・葛飾ビラ配布事件/逆転有罪の不当判決/東京高裁 違法弾圧を追認(しんぶん赤旗)  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-12-12/2007121201_02_0.html ・政党ビラまき東京高裁逆転有罪判... [続きを読む]

« 映画「華麗なる一族」、「金環食」、「不毛地帯」、「忍びの者」、「続・忍びの者」 | トップページ | 安藤たい作ニュース47号「コスト論で地域から学校なくすな。一般質問報告(上)『「小規模校は問題」とレッテル貼り、非公開で進める学校統廃合はやめよ』」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ