« 日本経団連の政党「通信簿」―財界と自民党・民主党の関係 | トップページ | 安藤たい作ニュース45号「歩行者や地域住民に優しいまちへ。『八ツ山公園通りに信号機の設置を』、『会』の皆さんと品川警察へ要請を行いました」 »

2007年11月15日 (木)

映画「白い馬の季節」

 たまたま見た「モンゴリアン・ピンポン」、「天上草原」の流れで見てきました。いい映画でした。

 実はモンゴルを扱ったドキュメンタリーで、草原の砂漠化、市場経済の波などの影響で、遊牧が不可能になってきているという知識を得ていたところ、上記2作では青々とした草原が出てきて、ちょっと驚いていたのですが、この「白い馬の季節」では、砂漠化等で遊牧が不可能になり、町へと追い出される家族の苦悩を描いています。その姿に自然と共感させられます。日本の入会権の問題や、農業の問題とも重なって見えます。

 妻が生活のために羊の皮やヨーグルトを売る場面で、自分から値段を付けられないのが印象的でした。

 また、パンフレットを読んでもほとんど触れられていませんが、華南出身で町から逃げてきたという設定のツァオの、ヨーグルトを売る妻への親切と恋が妙に印象に残りました。ツァオの求愛をきっぱりと断りながら、しかしその幸せを祈ってヨーグルトを撒きながら見送る妻の姿も印象的でした。描かれる厳しい現実とそれを逆手にうまく立ち回る人物の中にあって、救いを感じさせる人物でした。

 この監督やキャストの作品はまた見てみたい。

 ホームページはここ

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 日本経団連の政党「通信簿」―財界と自民党・民主党の関係 | トップページ | 安藤たい作ニュース45号「歩行者や地域住民に優しいまちへ。『八ツ山公園通りに信号機の設置を』、『会』の皆さんと品川警察へ要請を行いました」 »

映画・テレビ2(アジア・アフリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「白い馬の季節」:

« 日本経団連の政党「通信簿」―財界と自民党・民主党の関係 | トップページ | 安藤たい作ニュース45号「歩行者や地域住民に優しいまちへ。『八ツ山公園通りに信号機の設置を』、『会』の皆さんと品川警察へ要請を行いました」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ