« アフガン問題、「和平を促す外交努力」を頑なに拒む福田首相 | トップページ | 消費税問題、「社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ」、「そうせざるを得ない」 »

2007年11月24日 (土)

軍事利権問題、「私に何をやれというのか」と自ら解明することを頑なに拒む福田首相

 これまた傲慢で、不真面目・不誠実です。こんな居直りが許されるものなのでしょうか。日本の総理大臣という職業は、本当にお気楽・無責任な仕事なんですね。

 額賀福志郎財務相、久間章生前防衛相、守屋武昌前防衛事務次官が関わる軍事利権問題を、大臣の任命権者、自衛隊の最高指揮官たる福田首相自らが解明すべきことを説かれて、居直ってしまってます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

 首相 私も頭にきている。志位さんと同じくらい怒っている。それで、官邸に第三者委員会を設けた。官房長官を責任者にして、規律問題、情報管理の問題、調達の問題で第三者委員会をやる。

 志位 聞いていることに答えていない。総理として、真相解明にあたるべきではないか(と聞いた)。首相自身が自衛隊の最高指揮官だ。自ら任命した大臣が疑惑の渦中にあるというもとで、これを自ら解明する立場にたつのか。

 首相 私に何をやれというのか。そんな権限はない。もう司法の世界に移っている。

 志位 宮崎氏はすでに逮捕されているが、額賀氏は現に大臣として仕事をしている。司法の問題ではなくて、政治の世界できちんとやるべきではないか。

 首相 共産党は委員会で厳しく追及しているではないか。何をやれというのか。

 志位 大臣を呼んで真相を問いただしたらいい。首相としての解明責任、説明責任が問われているのだ。

 一部引用したしんぶん赤旗の記事と志位・福田両氏の発言要旨は、ここここ

« アフガン問題、「和平を促す外交努力」を頑なに拒む福田首相 | トップページ | 消費税問題、「社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ」、「そうせざるを得ない」 »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

政治1(日本04-自衛隊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/17167209

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事利権問題、「私に何をやれというのか」と自ら解明することを頑なに拒む福田首相:

« アフガン問題、「和平を促す外交努力」を頑なに拒む福田首相 | トップページ | 消費税問題、「社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ」、「そうせざるを得ない」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ