« 軍事利権問題、「私に何をやれというのか」と自ら解明することを頑なに拒む福田首相 | トップページ | こんなに怪しい自衛隊・防衛省の軍事利権―『週刊朝日』11月30日号より »

2007年11月24日 (土)

消費税問題、「社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ」、「そうせざるを得ない」

 軍事利権をどんどん貪らせるままにしておいて、「そうせざるを得ない」と言うなど、全く論理的ではありません。

 消費税は、大企業の法人税を減らすために導入され、今またさらなる法人税減税のために消費税が増税されようとしているのは、もはや明らかな事実ですが、そればかりでなく、軍事利権を貪らせ続けるために消費税を増税しようと言うのでしょうか。

 アメリカの要求のみならず、大企業の要求には無条件で応じながら、そのためには堂々と国民の意思に逆らう、その利益を踏みにじる、これはもはや日本国民の首相とは言えないでしょう。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

 首相 年々、社会保障費は増えるので、当然、その財源に消費税をあてるということになる。ただ、消費税だけでは無理だ。消費税だけで社会保障財源をまかなおうと思えば20%の消費税率にする必要がある。だから、他の財源も必要だけれども、社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ。

 志位 これは大事な論点だ。社会保障財源を消費税率引き上げでまかなうということは、首相自身も同じ考えか。

 首相 そうせざるを得ない。

 志位 重大な発言だ。絶対に認められない。

 一部引用したしんぶん赤旗の記事と志位・福田両氏の発言要旨は、ここここ

« 軍事利権問題、「私に何をやれというのか」と自ら解明することを頑なに拒む福田首相 | トップページ | こんなに怪しい自衛隊・防衛省の軍事利権―『週刊朝日』11月30日号より »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

政治1(日本08-経済・労働・社会保障)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/17167255

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税問題、「社会保障財源に消費税をあてるという点では自分も(政府税調と)同じ考えだ」、「そうせざるを得ない」:

» 低投票率でも共産党が勝利!負けても負けてもあきらめず、共産党へ地道に投票する有権者たちのおかげ! [嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!]
 自治体首長選挙を全国的に見ると、たいていは 日本共産党推薦(支持)候補 vs  [続きを読む]

« 軍事利権問題、「私に何をやれというのか」と自ら解明することを頑なに拒む福田首相 | トップページ | こんなに怪しい自衛隊・防衛省の軍事利権―『週刊朝日』11月30日号より »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ