« ミャンマー問題、歴史とASEANなどの対応 | トップページ | 野党4党合意の進展を喜ぶ »

2007年10月 2日 (火)

東大阪市長選、「こんどばかりは、長尾さん」

「長尾さんでええやんか 市民主役でええやんか 市民の集い」

時間:10月4日午後7時
場所:東大阪市民会館
主催:明るい東大阪をつくる会

 今朝のしんぶん赤旗に、谷藤久・共産党東大阪地区委員長のインタビューが載っていました。引用しておきます。東大阪市議選の結果は9月24日の記事を参照。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年10月2日(火)「しんぶん赤旗」

21日告示の東大阪市長選
党派超え"長尾市長再び"
不信任に怒り示した市議選
谷藤共産党東大阪地区委員長に聞く

 九月の大阪府東大阪市議選(四減の定数四十六)で日本共産党は前回比一万票増の五から九議席へ大きく躍進しました。長尾淳三前市長への不信任に反対を表明した他会派の候補も高位当選するなど不信任反対勢力が前進しました。市議選の結果と、二十一日告示・二十八日投票の東大阪市長選について、党東大阪地区委員会の谷藤久地区委員長にききました。

 ―市議選で日本共産党が躍進し、自民、公明が大幅に得票を減らした背景は何ですか。

 長尾前市長を議会の数の横暴で不信任にした勢力にたいする市民の疑問と怒りがとても大きく広がったことです。不信任を強行した自民党は一万二千票、公明党は四千六百票以上減らしました。市議選を通して、不信任には大義がないことがはっきりし、市民の良識が示されたと思います。

 市長に返り咲いて一年余りですが、長尾さんは公約を着実に実現してきました。そのことを貫いて努力する姿勢に、保守の有力者も「長尾さんはようやっているやないか」と評価しています。

 一例をあげると、同和行政の終結へ二億円の同和予算と二十三人の同和関係職員を削減しました。市政史上初めてのことです。「同和にメスを入れるのは長尾さんしかできない」と多くの保守層から歓迎されています。ムダと批判のあった二十四億円の上下水道庁舎建設を市民の意見を聞いて中止したことも、有力者から評価する声が寄せられています。

 そもそも自民党や公明党は長尾市長が提案した予算の99・9%に賛成しています。それなのに不信任にするのはつじつまがあいません。市民から疑問や怒りの声があがるのは当然です。

 日本共産党は、前回の二倍の得票目標を掲げて頑張りました。「日本共産党の九人全員当選でむちゃな不信任をくり返させない議会をつくりましょう」という訴えが広く共感を呼びました。

 ―市議選の最中にも不信任への批判の声が市民から聞かれましたね。

 選挙中、自民党は不信任の言い訳ばかりでした。不信任に賛成した一部の民主党議員は選挙中、この問題には触れずじまいでした。

 公明党は「東大阪から共産党をたたきだせ」と異常な反共攻撃をくり返しました。街頭演説中の共産党候補に、公明党候補や創価学会員が近寄り、罵声(ばせい)をあびせて妨害する事例があちこちでありました。この公明党にたいし、市民が「批判ばかりの話はもう聞きたくない」「他党の悪口ばかりいうな」と抗議し、退散させる場面が各地で見られました。公明党の常識ハズレの攻撃に、市民が批判や抗議に立ち上がったのはかつてなかったことです。

 ―不信任問題に加えて、くらしを守る問題が争点になりました。

 共産党は、小学校入学前までの子ども医療費助成やコミュニティーバスの運行などの公約を訴えました。どれも市民にとって切実な要求でした。ビラや選挙公報を見た市民から「私の願いを真剣に実現しようと努力している共産党に今度は入れる」という声が多数寄せられました。

 自民党支持のある会社社長は「自民党の候補者は何も政策をいわない。共産党はくらしを守る政策をきっちり訴えている」と、共産党候補への支持を家族や周囲に呼びかけてくれました。

 ―いよいよ市長選挙です。どうたたかいますか。

 市長選をたたかう「明るい東大阪をつくる会」はすでに、「市民が選んだ市長をやめさせるのはおかしい」「国の悪政からくらしを守ってがんばっている長尾さんに続けてほしい」との声が東大阪に広がっているとして、「こんどばかりは、長尾さん」と訴えています。

 この立場にしっかり立ち、考え方や立場の違いをこえ、東大阪市民の良識を発揮しようと訴えていきたい。そして、くらしを守る東大阪づくりに市民のみんなが力を合わせようと訴える―、そんな選挙戦にしたいと考えています。

 ―最後に決意をお聞かせください。

 市議選直後、何人かの党議員が市民から選挙勝利の喜びとともに「あん.たら、次は長尾さんを市長に戻さんとあかんで」といわれた、といいます。むちゃな不信任を東大阪市民は許さない、それも長尾さんを市長に戻すことで示したい。そのために「共産党はもっとがんばれ」という熱い思いだと思って聞きました。

 日本共産党の九議席はそうした期待の表れでもあると思います。党の総力をあげて勝利することで責任を果たしていきたい。「明るい会」が四日に開く「長尾さんでええやんか 市民主役でええやんか 市民の集い」(午後七時、東大阪市民会館)を会場いっぱいにするなど、一つひとつのとりくみを成功させ、必ず長尾さんを市長に戻す決意です。

« ミャンマー問題、歴史とASEANなどの対応 | トップページ | 野党4党合意の進展を喜ぶ »

政治6(地方政治)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。市議選勝利、おめでとうございます。市長選での勝利も願っております。こんな与党の数を頼んでの横車が押し通っては、民主主義の闇だと思っています。それにしても、埼玉知事選にしても東大阪にしても、自民VS共産の二大対決となると、ほとんどの左派・市民派ブロガーがスルーを決め込み、およそブログシーンに於いて話題になりません。これでは、いけない。左派・市民派ブロガーたちが日頃批判して止まない、当の新自由主義・改憲勢力が最も恐れている政治勢力は、共産党なのですから。共産党系ブロガーはもっと積極的に自らをアピールし、広範な支援を求めるべきです。マスコミが取り上げないのは自明なのですから、せめて、ブログだけでも伝播しなきゃ。

 BLOG BLUESさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
 あの市議選の大勝利は他地域のことながら本当に嬉しかった。甘くは無かろうが、この勢いで市長選も是非勝って欲しいものです。
 国政においては、福田内閣が成立しましたが、国民から一番批判を受けたはずの新自由主義・改憲路線には何も反省することなく、従来通り押し進めようとしています。
 おっしゃる通り、この路線に根本的に対抗する日本の新たな路線そのものを主張するように何とか頑張りたいと思ってます。確かにまだまだ不十分ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/16640516

この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪市長選、「こんどばかりは、長尾さん」:

» ブログ界が「東大阪」で燃えている!(87) [SIMANTO BBS]
みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/26) 一昨日、気になりながら、ごたごたで、どうしてもアップできなかった「東大阪市長選」の記事を、短文ながら、やっと... [続きを読む]

« ミャンマー問題、歴史とASEANなどの対応 | トップページ | 野党4党合意の進展を喜ぶ »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ