« 「テロ特措法と国連決議」―松竹伸幸さんが10月1日からブログを開設 | トップページ | 安藤たい作ニュース38号「第三回定例議会の開催間近。区民の暮らしと命、未来がかかっています」 »

2007年9月12日 (水)

安倍首相、辞意を表明―自民党政治ノーの世論を磨き上げよう

 今現在各メディアで報道されています。安倍首相の辞意表明。

 本人もメディアも色々言っていますが(ただいま記者会見中)、7月29日に示された民意は、「戦後レジームからの脱却」「改憲」「構造改革」はダメだというものです。この点を見失ってはならないと思います。

 今ホットな焦点となっているテロ特措法(安倍氏もこの記者会見で触れています)についてもこの視点から見るべきだと思います。

 海上自衛隊が行っているインド洋での給油活動は、アメリカが自衛権の行使として始めたアフガニスタン報復戦争に参加するものであり、憲法9条に反する集団的自衛権の行使に踏み込んだものです。まさに改憲路線の一環でした。延長など認められないのは当然です。

 「テロとの戦い」を、安倍首相は今も記者会見で強調しています。

 しかし、問題は、「テロとの戦い」をやるのか止めるのかではありません。

 テロは根絶されなければなりません。当然です。その意味で「テロとの戦い」を止めるという選択肢はありません。

 しかし、テロを戦争によってなくすというやり方が失敗した、失敗しただけではなく事態をより悪化させた、このことが問題なのです。

 テロは「戦争」ではなく、「法の裁き」によってこそなくせます。その土壌たる貧困をなくすことによってこそなくせます。そのために国際的に固く協力し合う行動こそが求められているのです。

 テロを根絶することを真剣に追求するなら、この道こそが真剣に追求されなければなりません。

 自民党政治そのものを拒絶した世論を磨き上げ、自民党政治を乗り越えていくために何をすべきなのか、これを具体的な問題に沿いながらさらに明らかにしていくことが一層求められています。枝葉末節の問題に着目しがちの政界・メディアが作り出す流れに押し流されることなく、僕たち自身が僕たちの力で僕たちの世論を磨き上げていかなければなりません。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 「テロ特措法と国連決議」―松竹伸幸さんが10月1日からブログを開設 | トップページ | 安藤たい作ニュース38号「第三回定例議会の開催間近。区民の暮らしと命、未来がかかっています」 »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/16424091

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、辞意を表明―自民党政治ノーの世論を磨き上げよう:

» <安倍辞任 本当の理由はこれだ!>安倍首相辞意:「週刊現代」が「脱税疑惑」追及で取材【毎日新聞】 [どこへ行く、日本。(安倍の「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を日本国民は許してしまうのか)]
安倍首相がついに辞めることになった。表向きにあげられている理由は、健康面であったり、首相としての求心力の無さだったりするが、どうも本当の理由はそうではないらしい。電子版の毎日新聞にアップされると速攻で削除されたこんなニュースがあるからだ。 ==================... [続きを読む]

« 「テロ特措法と国連決議」―松竹伸幸さんが10月1日からブログを開設 | トップページ | 安藤たい作ニュース38号「第三回定例議会の開催間近。区民の暮らしと命、未来がかかっています」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ