« 安藤たい作ニュース35号「原水爆禁止世界大会・長崎に参加。今なお踏みにじられる被爆者の尊厳」 | トップページ | 日本のこれから「考えてみませんか?憲法9条」 »

2007年8月16日 (木)

品川正治さん、日経新聞にも登場

 もう読んだ方はたくさんいるでしょうが、あの品川正治さん(6月28日の記事2006年11月12日の記事)が昨日(15日)の日経新聞夕刊の社会面に取り上げられていました。

 改めて品川さんの影響力を知ると共に、憲法9条を守る草の根のたたかいが日経新聞でも取り上げられたということで励まされます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

 全文引用しておきます。

「平和後退」に危機感
元兵士・経済人の品川正治さん全国行脚
不戦誓い、「敗戦」でなく「終戦」
(日経新聞 2007.08.15.夕刊)

 日本興亜損害保険(旧日本火災)の社長・会長を務め、現在は経済同友会終身幹事の品川正治さん(83)は、中国戦線で兵士の目線から戦争を見た数少ない経済人だ。迫撃砲で四発被弾し、一発は今も右ひざに残る。

 品川さんは出版、講演、対談とあらゆる方法でメッセージを発し続ける。きっかけは、小泉純一郎前首相による米イラク戦争支持。「国民的議論もないまま、どこまでエスカレートするのか」。戦後日本が築き上げた平和が後退する、との危機感から「八十二歳で八十二回講演」を目標に掲げ、全国行脚した。

 学生時代、戦時国家の国民としてどう死ぬのが正しいのかを常に考え、「死ぬ前にどうしても読みたい」と哲学者カントの著書を持ち歩いた。「戦争は天災のようなものと思っていた。しかし、戦争を起こすのも人間。止めるのも人間」

 一九四四年に従軍し、中国大陸で終戦を迎えた。捕虜収容所で「敗戦」なのか「終戦」なのか大論争になった。品川さんは一つの文章をしたためた。「未来永劫(えいごう)、戦争はしない決意の表明として『終戦』と呼ぼう」と書いた。

 愛国心を重視するよう教育基本法が改正された。自民党と経済団体は改憲で足並みをそろえている。憲法改正に向け国民投票法も制定された。政府の有識者懇談会が集団的自衛権を巡る議論を進めるなか、品川さんは現役経済人として、平和憲法を守ることを明言。「政府にもの申すことができなくなる」と、位階勲等を受けていない。

 品川さんは「貧困や疫病など二十一世紀の課題には、平和憲法を持つ日本こそ貢献できる」と信じる。品川さんはますます意気軒高だ。

« 安藤たい作ニュース35号「原水爆禁止世界大会・長崎に参加。今なお踏みにじられる被爆者の尊厳」 | トップページ | 日本のこれから「考えてみませんか?憲法9条」 »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

政治1(日本03-憲法)」カテゴリの記事

コメント

「未来永劫(えいごう)、戦争はしない決意の表明として『終戦』と呼ぼう」というのは、いいですね~
これからは、「終戦」という言い方にも、戦争はしない、という決意をこめて、使います。

 ひとみさん、コメントをありがとうございます。

 品川さんは、いつもご自分の体験に基づいて発言されているので、独特の迫力・説得力を感じさせられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/16132372

この記事へのトラックバック一覧です: 品川正治さん、日経新聞にも登場:

» 日経読者と繋がるために [再出発日記]
「さるのさぶやき」さんから品川正治さんの記事が日経新聞に載ったというTBを頂いた。読んでみると、日経の記事は一生懸命書いてはいるが、なにせ短いので誤解を与えかねない文章にはなっている。書いていることは今までこのブログでも書いてきたことと大同小異。タダ、...... [続きを読む]

« 安藤たい作ニュース35号「原水爆禁止世界大会・長崎に参加。今なお踏みにじられる被爆者の尊厳」 | トップページ | 日本のこれから「考えてみませんか?憲法9条」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ