« テロ特措法延長をめぐって国民を恫喝する日経社説 | トップページ | 参議院は衆議院のカーボンコピー?―参議院不要論は政治的ご都合主義の似非(えせ)理論 »

2007年8月10日 (金)

民主党は自民党と同根だということも忘れてはなりませんね

 民主党代表の小沢氏が、森喜朗氏や綿貫民輔氏と会って、安倍政権やポスト安倍の心配とは。これも民主党がどういう政党かを物語る一コマですね。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

小沢氏「政権、年内持たない」・森、綿貫氏らに(日経新聞 2007.08.10)

 衆院当選13回の同期である民主党の小沢一郎代表、自民党の森喜朗元首相、国民新党の綿貫民輔代表らは9日夜、都内で会食した。出席者によると、小沢氏は安倍晋三首相の続投に関して「非常識だ」と強調。自民党内の状況などを踏まえ「年内は持たない。つぶれる」と何度も語り、首相は退陣するとの見通しを示した。

 会合には民主党の羽田孜、渡部恒三両最高顧問も出席。「ポスト安倍」を巡っては、渡部氏が冗談交じりに「森さんか小池百合子防衛相がいい」と水を向けたが、小沢氏は「小池は駄目だ」と指摘。森氏は麻生太郎外相、福田康夫元官房長官、谷垣禎一前財務相をあげたという。安倍政権には「経験の豊かな人も組み合わせていかないといけない」との認識で一致した。

« テロ特措法延長をめぐって国民を恫喝する日経社説 | トップページ | 参議院は衆議院のカーボンコピー?―参議院不要論は政治的ご都合主義の似非(えせ)理論 »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/16066609

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は自民党と同根だということも忘れてはなりませんね:

» 政治とカネ~「入り」の問題  [小さな自然と大きな世間 行きつ戻りつ考える]
 ヒロシマ、ナガサキに世界中の人々が集まり、核兵器廃絶に向けて 良識と熱意と運動 [続きを読む]

» あるベテラン女性社会運動家への手紙(2) 選挙総括に代えて: しばらく私はお昼寝します.ZZZ... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
「反‐貧困 無年金者同盟」代表から,該同盟の唯一人の同盟員であるS女史宛に書き送った返信.私はこの私信を借りて今回の選挙戦についての私自身の簡単な総括を提示することを意図した.余りにも簡略過ぎるとお考えの向きもあろうが,私の現行の日当カロリー摂取量ではこれが限界である(爆).前回の手紙(7月3日付)には『現在私は「脱米救国」というある意味で非常に遅れてきた…スローガンを最優先課題に掲げています』と書いているが,それからわずか1ヶ月後に,『脱米救国』がすでに文化的遺伝子として独立した生命(meme)を... [続きを読む]

» 勝谷誠彦、森元首相のバカさについて語る [勝谷誠彦の2番煎じ]
世間的にはお盆。 雑誌も合併号のため、コラムニスト勝谷誠彦にもしばしの休息が訪れるかと思えば、そんなことはない。 この時期、空港からの中継で子供に「どこに行くの?」なんて聞いている場面を見ると無性に腹が立つらしい。 電波の無駄遣い、怠惰な仕事と勝谷氏は憤る。 そして、森喜朗元首相の批判である。 古賀、福田、加藤など具体名を挙げ、人物評をしてどのポストに向いているのかを熱弁。 飲み屋のオヤジじゃないんだから。 そういえば、郵政解散のときもひからびたチーズだとかで文句を言って逆に世間から叩... [続きを読む]

« テロ特措法延長をめぐって国民を恫喝する日経社説 | トップページ | 参議院は衆議院のカーボンコピー?―参議院不要論は政治的ご都合主義の似非(えせ)理論 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ