« 映画「長江哀歌(ちょうこうエレジー)」 | トップページ | 安藤たい作ニュース36号「建物の『高さ制限』含む地区計画、住民の発意で策定が可能」 »

2007年8月28日 (火)

体勢を立て直して世論を踏みにじる決意を露わにした安倍首相

 第2次安倍内閣が発足しました。各メディアで色々言われていますが、僕のおおざっぱな感想は、先の参院選で示された、改憲と構造改革に対する拒絶という世論を、安倍氏は真正面から踏みにじる決意を持ち、そのための体勢をひとまず整えたというものです。

 外務大臣に町村信孝氏、防衛大臣に高村正彦氏、財務大臣に額賀福志郎氏、厚労相に舛添要一氏、官房長官に与謝野馨氏、そして経産相、経済財政担当相、行革担当相は留任、文科相も留任。自民党では幹事長が麻生太郎氏、総務会長が二階俊博氏、政調会長が石原伸晃氏。

 ここから受ける印象は、何が何でも改憲と構造改革は進めるという並々ならぬ安倍氏の決意です。戦前の体制は正しい、日本の起こした侵略戦争は正しい、アメリカへの軍事的・外交的従属をより強固にしたい、アメリカへの経済的従属もより強固にして日本の大企業・財界の利益を確固たるものにしたい、こういう決意の強さが大いに感じ取られます。

 第1次内閣では、改憲と構造改革をもっと簡単に進められると、お坊ちゃんらしく思っていたのでしょうが、さすがに甘い課題ではないんだと気付き、より強い体勢を作ったと見るべきだと思います。国民の側もより強い意志と運動が求められるでしょう。参院で野党が過半数を占めているという状態を、それを作り出した世論を基盤にそれを生かす方向で積極的に活用せねばなりません。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 映画「長江哀歌(ちょうこうエレジー)」 | トップページ | 安藤たい作ニュース36号「建物の『高さ制限』含む地区計画、住民の発意で策定が可能」 »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/16267963

この記事へのトラックバック一覧です: 体勢を立て直して世論を踏みにじる決意を露わにした安倍首相:

» 異常な『円安』から急激な『円高』へ(下) [関係性]
 7月20日以降、急激な「円高」が始まった。  米国の低所得者向け住宅ローンを商品として証券化し、ヘッジファンドがそのリスクを移転するモデルを作り出した。そして、米国の住宅バブルが弾けて、このリスクが世界中に飛び火した。投資信託という様々な商品がこれに関わっている可能性がある。  当然、このバブル崩壊を手仕舞うためには円の買戻しを行い、無理矢理作り出してきた「円安」が急激な「円高」に突き進むことになった。  その不良債権金額総体が定かでないことから、この市場の安定には時間がかかりそうである。  [画... [続きを読む]

« 映画「長江哀歌(ちょうこうエレジー)」 | トップページ | 安藤たい作ニュース36号「建物の『高さ制限』含む地区計画、住民の発意で策定が可能」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ