« 核武装容認の小池氏就任は安倍首相の考えが問われる重大人事 | トップページ | 福島瑞穂・社民党党首「民主党が勝っても憲法改悪の流れは止められない」 »

2007年7月 5日 (木)

沖縄戦「集団自決」検定問題、文科省は誤った検定意見を撤回せよ!

 文科省は相変わらず不真面目な対応をしています。記事をクリップしておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年7月5日(木)「しんぶん赤旗」

集団自決の「軍強制」削除で文科省に
沖縄副知事ら検定撤回要請

 高校日本史の教科書検定で、沖縄戦の「集団自決」に日本軍の強制があったとする記述が削除された問題で、沖縄県の安里カツ子副知事らが四日、国会や文部科学省を訪れ、検定意見の撤回と削除された記述の復活を求める要請書を提出しました。

 要請書は、仲井真弘多知事と県議会議長、県市長会会長ら六人の連名。「『集団自決』が、日本軍による関与なしに起こり得なかったことは紛れもない事実であり、削除・修正は体験者による数多くの証言を否定しようとするもの」で「到底容認できない」と述べています。検定結果をめぐっては、県議会と県内四十一の全市町村議会が、白紙撤回などを求める意見書を可決しています。

 要請後、東京都内で記者会見した安里副知事は「全県民の声を代表してやってきた。事実を事実として認めてほしい」と語りました。

 仲里利信県議会議長は戦前生まれであることから、同省で体験談を語ったことを紹介。しかし、同省側は、教科書検定の審議会に「口をはさむことはできない」という従来の答弁にとどまったといいます。

 仲里議長は「もう少し前向きな答弁が得られるかと思ったが、個人的には落胆している」とのべました。

 要請は、ほかに、県市長会の大浜長照副会長(石垣市長)、県市議会議長会の島袋俊夫うるま市議会議長、県町村会の宮城篤実会長(嘉手納町長)、県町村議会議長会の神谷信吉会長(八重瀬町議会議長)が行いました。

2007年7月5日(木)「しんぶん赤旗」

沖縄戦「集団自決」検定問題
文科省は意見撤回を
赤嶺議員が質問主意書

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員は三日、文部科学省が二〇〇八年度から使用する高校日本史の教科書検定で、沖縄戦の強制集団死(いわゆる「集団自決」)に関する記述から日本軍の関与を削除させた問題で質問主意書を提出しました。

 主意書は、当時の沖縄の日本軍が「軍官民共生共死の一体化」の方針をとり、住民が捕虜になることを許さず、「自決」用の手りゅう弾を配った事例もあることに言及。「沖縄戦における『集団自決』が、日本軍の命令・強制・誘導なしに起こり得なかったことは歴史的事実」と指摘し、検定意見に至った経過と根拠についての具体的な説明を求めています。

 また検定後の教科書で「集団自決」への日本軍の関与が削除される一方、伊吹文明文部科学相は「軍の関与があったことは認めている」「日本軍の強制があった部分はあるかもわからない」と発言しています。

 主意書は、沖縄県議会と県内四十一市町村議会のすべてで意見書が可決されたことにもふれながら、検定後の記述が日本軍の関与そのものがなかったかのような「誤解を与える表現になっている」と指摘。検定意見の撤回と記述の回復・訂正を求めています。

« 核武装容認の小池氏就任は安倍首相の考えが問われる重大人事 | トップページ | 福島瑞穂・社民党党首「民主党が勝っても憲法改悪の流れは止められない」 »

政治1(日本14-日本の侵略戦争-沖縄戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 核武装容認の小池氏就任は安倍首相の考えが問われる重大人事 | トップページ | 福島瑞穂・社民党党首「民主党が勝っても憲法改悪の流れは止められない」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ