« 安藤たい作ニュース33号「格差広げる政策に手を貸す自民・民主・公明議員。納得いきません!」 | トップページ | イタリアン「イル・ニード(IL NIDO)」 »

2007年7月 1日 (日)

伊豆見元「対北朝鮮政策『再考』の時」

 6月30日付のしんぶん赤旗で小さな記事になってましたが、1978年に防衛庁及び外務省を主務官庁として設立された「財団法人 平和・安全保障研究所」のHPに、静岡県立大学教授/同研究所研究委員・伊豆見元氏が「対北朝鮮政策『再考』の時」と題して、興味深い論文を書いています(RIPS' Eye No.76(2007.5.28))。

 伊豆見氏は、北朝鮮に「次期段階措置」を実行させることの重要性を指摘するとともに、「朝鮮半島の平和メカ二ズム創出については、現在、ブッシュ大統領自身が大きな関心を抱いていると伝えられる」、「北朝鮮を非核化に導く作業が遅滞するなかで、来年末までに南北朝鮮と米中両国による『平和協定』が締結される可能性も、決して排除することは出来ない」と指摘しています。

 その上で、「以上のような状況のなかで、日本が拉致問題の進展・解決を最優先し、核問題をめぐる『取引』にも積極的に加わらず、また朝鮮半島の平和メカニズム構築にも関与しないのであれば、北東アジアにおけるわが国のプレゼンスは確実に低下するであろう」と安倍政権の北朝鮮政策を批判し、「われわれの対北朝鮮政策を、根本から再考すべき時機が来ていると言ってよい」と結論づけています。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

« 安藤たい作ニュース33号「格差広げる政策に手を貸す自民・民主・公明議員。納得いきません!」 | トップページ | イタリアン「イル・ニード(IL NIDO)」 »

政治2(日本外交2-北朝鮮)」カテゴリの記事

政治3(世界1-アメリカ2-外交)」カテゴリの記事

政治3(世界3-アジア-東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15608862

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆見元「対北朝鮮政策『再考』の時」:

« 安藤たい作ニュース33号「格差広げる政策に手を貸す自民・民主・公明議員。納得いきません!」 | トップページ | イタリアン「イル・ニード(IL NIDO)」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ