« 「従軍慰安婦」問題、謝罪の公式声明を | トップページ | 久間章生防衛相辞任―核兵器の使用はどんな理由があっても許されない »

2007年7月 4日 (水)

自民公約から消えた「男女共同参画」

 記事をクリップしておきます。安倍政権が女性を「産む機械」としか見てないことがよくわかります。女性の要求が、子育て支援のみに解消できるものでないことは当然でしょう。たとえ女性であっても「靖国」派の議員たちは男女平等を本気で敵視してますから、笑って済ませられない問題です。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年7月4日(水)「しんぶん赤旗」

これも自民“安倍流”
公約から消えた「男女共同参画」

 自民党の参議院選挙公約から、前回の二〇〇五年総選挙時の政権公約で掲げていた「男女共同参画社会を実現」が消えました。

 参院選公約で、女性にかかわる施策として列挙されているのは十項目。そのすべてが「子育て家庭支援対策の拡充」「子育てを地域社会で支える体制づくり」など、子育てに関するものです。

 「女性の意欲・能力を活かせる環境づくり」とうたった項目も、中身を見れば「出産・育児期を通じたキャリアの継続支援」「マザーズハローワーク」「母子家庭対策」といった具合。安倍・自民党には、「女性=子どもを産む」という図式が染み付いているようです。

 女性の要求は、子育て支援のみに解消できるものではありません。日本は、女性の人権と地位向上で、諸外国に大きな後れを取っています。政府が先月十九日に発表した〇七年版『男女共同参画白書』でも、「日本の女性の社会参画は、国際的に見ても全般的に低い水準にある」と認めています。社会のあらゆる分野で「両性の平等」を実現することが切実に求められています。

 この時期に、政権党が男女平等の推進をうたわないことは、そもそも不見識です。加えて、前回選挙で掲げていたものをあえて引っ込めたところに、危険な意図を感じざるをえません。

 自民党の参院選公約は、改憲を重点課題にすえるなど“安倍カラー”を前面に出したといわれています。「男女平等」が、戦前の日本を美しかったとする「靖国」派の攻撃の的となっている今、これを公約から外したのも、やはり“安倍カラー”の表れなのか―。首相にぜひきいてみたいものです。(坂井 希)

« 「従軍慰安婦」問題、謝罪の公式声明を | トップページ | 久間章生防衛相辞任―核兵器の使用はどんな理由があっても許されない »

政治1(日本01)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15649129

この記事へのトラックバック一覧です: 自民公約から消えた「男女共同参画」:

« 「従軍慰安婦」問題、謝罪の公式声明を | トップページ | 久間章生防衛相辞任―核兵器の使用はどんな理由があっても許されない »

最近の記事

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ