« 原爆神話と核抑止力論の虚構に立つ読売社説、愚かなり | トップページ | 沖縄戦「集団自決」検定問題、文科省は誤った検定意見を撤回せよ! »

2007年7月 5日 (木)

核武装容認の小池氏就任は安倍首相の考えが問われる重大人事

 昨日の記事でも書きましたが、今朝のしんぶん赤旗の記事を引用しておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年7月5日(木)「しんぶん赤旗」

核武装容認の小池氏就任
安倍首相の考えが問われる重大人事
市田書記局長が批判

 日本共産党の市田忠義書記局長は四日、小池百合子防衛相の就任について国会内で記者団に問われ、「小池氏は、安倍晋三首相の安全保障問題担当補佐官として、『米軍再編』や沖縄への新基地押し付けの先頭に立ってきた危険な考えの持ち主だ」と指摘しました。

 この中で市田氏は、小池氏が、新聞アンケートで核武装について、「国際情勢によっては検討すべきだ」と答えていたことを指摘。また、改憲右翼団体「日本会議国会議員懇談会」の副幹事長を務めたこともあげ、「原爆投下を『しょうがない』といってやめた久間大臣の後に、事もあろうに、こういう人物をまた据えることは、安倍首相自身の考えがきびしく批判され、問われる重大な人事だ」と批判しました。

米高官発言許しがたい

 また、市田氏は、米高官が、原爆投下のおかげで第二次世界大戦の終結が早まり、数百万人の命が救われたとの発言をしたことに関し、「悪魔の兵器を肯定する異常な発言であり、許しがたい。歴史的事実としても誤っている」と批判しました。

 市田氏は、米占領軍最高責任者のマッカーサー元帥が、もし原爆投下について相談を受けていたら、日本はすでに降伏の準備をしており、投下は不必要だとの見解を表明しただろうとの趣旨の発言を戦後にしていることも指摘し、「今回の米高官の発言は、米国の一部の権力者が原爆投下を合法化するためにつくりだした『神話』ともいうべき異常な発言だ。海の向こうから久間章生前防衛相の原爆発言を擁護し、安倍首相が後任に小池氏を据えたことにエールを送る発言だ」と批判しました。

« 原爆神話と核抑止力論の虚構に立つ読売社説、愚かなり | トップページ | 沖縄戦「集団自決」検定問題、文科省は誤った検定意見を撤回せよ! »

政治2(日本外交3-核兵器)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15662058

この記事へのトラックバック一覧です: 核武装容認の小池氏就任は安倍首相の考えが問われる重大人事:

« 原爆神話と核抑止力論の虚構に立つ読売社説、愚かなり | トップページ | 沖縄戦「集団自決」検定問題、文科省は誤った検定意見を撤回せよ! »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ