« 言論を暴力で封殺する社会にしてはならない―中川自民幹事長あてに脅迫メール 「殺すぞ」 | トップページ | ぶれるな!!福島瑞穂!! »

2007年7月 4日 (水)

アメリカのロバート・ジョセフ核不拡散問題特使「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」

 久間発言と直接の関連性はないとされていますが、こういうアメリカの発言を許しているようでは駄目なのです。だからこそ久間発言は重大な問題なのです。改めて、核兵器の使用はどんな理由があっても許されないし、あくまでも核廃絶がなされねばならないと思います。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

(追加)

 さらに続報を見ると、安倍首相、腰が引けてます。外務省はもう少し踏み込んでますが、しかし腰が引けてます。

 広島・長崎への原爆投下は、本来違法なもので、アメリカがその誤りを認めて謝罪しなければならない問題です。

 「従軍慰安婦」問題で、河野談話にも反する行動を取りながら、公的で明確な謝罪をしようとしない、あわよくばこの歴史的事実を否定してしまおうなどという邪な心を持っているから、こうなるのです。

 北朝鮮問題でも、「理」のある外交をしてないから、こうなるのです。

 この首相、この政権は、「国益に真正面から反する」内閣であることがますます明らかになっています。

米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」(朝日電子版 2007年07月04日19時00分)

 米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題特使(前国務次官)は3日の記者会見で、広島・長崎への原爆投下について「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」と語った。

 米国とロシアの核軍縮枠組みづくりに関する会見での発言で、久間前防衛相の発言問題と直接絡んだものではない。ジョセフ氏は、「原爆を使用した米国が核不拡散について訴える道義的な根拠があるのか」との質問に対し、「米国は核不拡散で指導的立場に立ってきた」などとかわした。

 米国の歴史学者の間では、原爆使用と終戦の因果関係は必ずしも明確ではない、という学説が有力だ。だが、特使発言のような見方は、保守派を中心に米国内でなお根強い。米政府はこれまで原爆使用について謝罪したことはなく、ジョセフ氏もこれまでの流れに沿って原爆投下の正当化論を繰り返したものとみられる。

米特使発言、外務報道官「果たしてどうかなという思い」(朝日電子版 2007年07月04日20時51分)

 安倍首相は4日夜、ジョセフ米特使が広島、長崎への原爆投下を正当化する発言をしたことについて「発言を承知はしていないが、原爆の投下は許すことができない、こういう気持ちには変わりはない。まずは、その発言をよく私自身見なければいけない」と述べ、発言を確認したうえで対応を検討する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 一方、外務省の坂場三男外務報道官は、4日の記者会見で「広島、長崎への原爆投下がいかに悲惨か、むしろそこに思いをはせてほしい。その点への発言がなかったことは残念」と批判。そのうえで「ジョセフ発言は『ほとんどの歴史家がそう(何百万人もの日本人の命を救ったと)思う』としているが、果たしてどうかなという思いがある」と疑問を呈した。

« 言論を暴力で封殺する社会にしてはならない―中川自民幹事長あてに脅迫メール 「殺すぞ」 | トップページ | ぶれるな!!福島瑞穂!! »

政治2(日本外交3-核兵器)」カテゴリの記事

政治3(世界1-アメリカ2-外交)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15649621

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのロバート・ジョセフ核不拡散問題特使「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」:

» 原爆「しょうがない」に上塗り米国の論理 [D.D.のたわごと]
これはもっと世界から叩かれるべき。 慰安婦問題に続いて公然と侮辱されケンカを売られた 日本は真正面から抗議・非難しないと…安倍ちゃんいよいよ後がないよ。 [続きを読む]

« 言論を暴力で封殺する社会にしてはならない―中川自民幹事長あてに脅迫メール 「殺すぞ」 | トップページ | ぶれるな!!福島瑞穂!! »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ