« 独左翼党幹部が語る日本共産党―自主独立に注目、たたかいに共通点 | トップページ | 占領下で日本が略奪した「朝鮮王室儀軌(ぎき)」返還問題 »

2007年7月18日 (水)

イギリス外交に変化の兆し

 記事をクリップしておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年7月17日(火)「しんぶん赤旗」

英外交 変化の兆し
メディア注目 米追随から多国間主義へ
閣僚、戦争・軍事力偏重を批判

 【ロンドン=岡崎衆史】先月末に発足した英国のブラウン政権が、ブレア前政権の過度の対米協力を軌道修正する兆しを見せていることがメディアの注目を集めています。

 ブラウン氏は、首相としての最初の訪問先を米国ではなくドイツとし、十六日にメルケル首相と会談。今週中にはフランスも訪れ、サルコジ大統領と会います。訪米は早くとも七月末までありません。

 十四日付英メディアは、「新しい関係の始まり」(ガーディアン紙社説)、「新首相と過去との印象的な決別」(インディペンデント紙社説)と指摘。BBC放送(電子版)は「シグナルは明りょうだ。英国の外交政策は小さな変化を経験している。ブレア時代は終わった」と評しました。

 閣僚として最初の外交演説をしたのはアレクサンダー国際開発相です。米国の首都ワシントンで十二日、貧困根絶、気候変動、テロや紛争の根絶など国際的課題に対処するため「孤立主義者ではなく国際主義者であること、単独行動主義者ではなく多国間主義者であること…特別な利益ではなく基本的な価値によって動くことをわれわれは言葉と行動で証明しなければならない」と強調しました。

 同氏は「多国間主義とはルールに基づく国際システムだ。国内で文明を維持するため法の支配が必要なように、国外で世界の文明を維持するためにもルールが必要である」と述べ、ルールに基づく多国間主義アプローチが国際課題に対処する上で求められると訴えました。さらに「二十世紀、国家の強さは破壊力で測られたが、二十一世紀は何を築けるかで測られなければならない」と述べ、戦争や軍事力偏重を批判しました。

 アフリカ・アジア・国連担当国務相に就任したマーク・マロック・ブラウン氏は、十四日付英紙デーリー・テレグラフのインタビューで「ブラウン・ブッシュ関係が…ブレア・ブッシュ関係のように一心同体になることは決してありえない」と表明。ブラウン政権下の英米関係はブレア政権下と同じ徹底した対米従属にはならないとの見方を示しました。

 また、「外交政策がより偏らないものとなることが私の希望だ」と述べ、対米関係同様に、欧州諸国との関係、台頭するインドや中国、オックスファムなど市民団体、市民社会との関係も重視する姿勢を示しました。

 同氏は昨年末まで国連事務次長を務めた人物。多国間主義者で、イラク戦争や米国の新保守主義者(ネオコン)の厳しい批判者として知られており、国務相就任自体が新政権の外交の変化を示すものとみられています。

 一連の発言にたいし、デービッド・ミリバンド外相は十五日、BBCテレビのインタビューで「米英関係はもっとも重要な二国間関係」と述べるなど、歯止めをかける動きも出ています。

2007年7月15日(日)「しんぶん赤旗」

米・ロは核削減を
英国前外相が主張
廃絶へ 国際的努力訴え

 【ロンドン=岡崎衆史】英ブラウン新政権の核政策に注目が集まっています。新内閣発足とともに外相を退いたベケット氏が在職時の先月二十五日、米ワシントンで行った演説がきっかけです。ブラウン氏の事前承認済みとされる演説で、ベケット氏は、米国とロシアに大幅な核兵器削減を求めるとともに、核兵器廃絶に向けた国際的な取り組みの強化を訴えました。反核団体は演説を歓迎するとともに、具体的行動で実現を目指すよう求めています。

 ベケット前外相は、キッシンジャー元国務長官ら四人の米政府高官の一月発表の論文や、アナン前国連事務総長の昨年の発言で、核保有国が軍縮の約束を放棄したと他の国がみなせば、核不拡散の努力は危険なほど損なわれると指摘していることを紹介。

 にもかかわらず、多くの国は核保有国の軍縮努力が停滞していると感じており、「停滞は十分現実に存在する」と述べ、核保有国の軍縮努力の怠慢が核不拡散体制を危うくしているとの危機感を示しました。

96%保有

 ベケット氏は特に、「世界にはいまだに二万発の核弾頭が存在し、米国とロシアがその約96%を保有している」「その数の核弾頭が国際安全保障を維持するために必要と考える者は、政治家であろうと、軍事戦略家や科学者であろうとほとんどいない」と述べ、米ロ両国に「さらなる相当数の(核兵器)削減」を求めました。

 また、米国など包括的核実験禁止条約(CTBT)の未批准国に対して批准を要求しました。

 一方、ベケット氏は、「安全で予想可能な世界の政治的流れ」が確立していないとして、英国が核兵器システムを二〇二〇年以降も維持すると決定したことを正当化。しかし、これは「核兵器廃絶が将来も不可能とあきらめることを意味しない」と強調しました。

 その上で、同氏は、核保有国間で核軍縮のための関係を構築し、核兵器が必要ない世界づくりのために紛争解決に努力し、紛争防止のため通常兵器売買を国際的に規制するなどの必要性を強調し、英国は「軍縮のための実験室となる」と宣言しました。

首相承認

 英国メディアは、政府当局者の話として、ベケット氏の演説がブラウン氏の事前承認済みと伝えています。

 演説について、英国の反核団体、核軍縮運動(CND)のハドソン議長は六月二十六日、「ブラウン氏による多国間軍縮への強い支持は極めて重要だ」と歓迎。同時に「必要なのは具体的措置だ」として、軍縮を促すためにも、英国が核先制攻撃や非核保有国への核攻撃政策を放棄するよう求めました。

« 独左翼党幹部が語る日本共産党―自主独立に注目、たたかいに共通点 | トップページ | 占領下で日本が略奪した「朝鮮王室儀軌(ぎき)」返還問題 »

政治3(世界1-ヨーロッパ1)」カテゴリの記事

政治3(世界1-ヨーロッパ2-外交)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15799267

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス外交に変化の兆し:

« 独左翼党幹部が語る日本共産党―自主独立に注目、たたかいに共通点 | トップページ | 占領下で日本が略奪した「朝鮮王室儀軌(ぎき)」返還問題 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ