« 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」―特攻の「真実」を特攻「賛歌」で置き換えるリアリティなき作品 | トップページ | 安倍晋三内閣の歴史認識を問う「いまなぜ従軍慰安婦問題か」07年6月19日 »

2007年6月18日 (月)

ドイツで新党「左翼」誕生(記事追加)

 2日前の16日、ドイツのベルリンで、左翼党と「労働と社会的公正のための選挙代案」(WASG)が、統一党大会を開き、圧倒的多数で「左翼」を党名とする新党の創立を決定しました。記事をまとめて引用しておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年6月18日(月)「しんぶん赤旗」

新党「左翼」を結成
“社会福祉国家の党”掲げる
ドイツ

 【ベルリン=中村美弥子】旧東独部に基盤を持つ左翼党と旧西独部に基盤を持つ「労働と社会的公正のための選挙代案」(WASG)は十六日、ベルリンで統一党大会を開き、圧倒的多数で「左翼」を党名とする新党の創立を決定しました。ドイツ統一後、初めて社会民主党(SPD)より政治的に左に位置するとみずから規定する全国規模の政党が誕生しました。新党の党員数は約七万二千人で、ドイツで三番目の党員を持つ政治勢力となります。

 党大会は、ビスキー旧左翼党議長を83・6%で、ラフォンテーヌWASG議長を87・9%で共同議長に選出。また、幹部会委員四十四人を選出しました。新党「左翼」は、二〇一〇年まで議長二人体制を取ります。

 ラフォンテーヌ氏は選挙に先立つ演説で、新党「左翼」を社会福祉国家の党だと規定。ドイツ国民が誇りを持つ社会福祉国家の制度が過去数年の政治で破壊されていると批判し、年金制度の改善などを通じて社会福祉国家を再現したいと訴えました。また、「国際法は平和を保障する唯一の手段だ」と指摘し、「われわれは国際法を順守する新たな勢力となる」と表明しました。

 党大会では、連邦議会で両党統一会派の議長を務めるギジ氏があいさつに立ち、「今日の左翼の統一で、ドイツが本当に統一することになった」と述べました。新党「左翼」は、自由と社会正義の統一を通じて平和を守り、教育や文化において機会平等を広げ、環境保護に努めると約束。「自由と社会主義」を新党の目標にしていくと力を込めました。

 両党は〇五年、統一候補者名簿で連邦議会選挙に臨み、8・7%の得票で五十四議席を獲得。その後、組織の合併を目指し協議を続けてきました。これまでに「綱領上の基本点」を両党がそれぞれ承認しており、今後二年間かけて討議していくことになっています。

 日本共産党を代表して新党「左翼」創立党大会に参加している浅田信幸「しんぶん赤旗」欧州総局長は、新党指導部と意見交換しました。

2007年6月17日(日)「しんぶん赤旗」

独に全国的左翼政党
合同へ2党が大会

 【ベルリン=中村美弥子】ドイツの左翼党は十五日、新党「左翼」結成に向けた終結党大会をベルリンで開き、新党の議長候補としてビスキー左翼党現議長と、幹部会委員二十二人を選出しました。合同の相手となる「労働と社会的公正のための選挙代案」(WASG)も同日、ベルリンで終結党大会を開催しました。

 両党は十六日に新党「左翼」創立大会を開きます。両党の合同で、ドイツ統一後、初めて社会民主党(SPD)の左に位置すると自己規定する全国規模の政党が誕生します。

 左翼党は、旧東独の政権政党、社会主義統一党の後継政党で旧東独部に基盤を持っていた民主的社会主義党(PDS)が、二〇〇五年九月の連邦議会(下院)総選挙でWASGと統一名簿をつくるにあたって改称した政党。WASGはSPD元党員や労働組合活動家を中心に組織された政党で旧西独部を基盤としています。

 左翼党のビスキー議長は演説で、キリスト教民主同盟(CDU)とSPDの連立政権の政治について、新自由主義のもとで医療保険や年金制度を改悪するなど社会的連帯を破壊していると批判。「このグローバル化の時代に社会正義とは何か、議論が必要だ」と述べ、「もう一つの社民政党ではなく、真の左翼勢力をつくろう」と呼びかけました。

 新党「左翼」の課題として、▽党員数の拡大など党建設に取り組む▽州議会選挙で勝利を収める▽社会正義と平和のための政策に集中的に取り組む▽党内外の声を集めて今の時代にふさわしい綱領をつくる―ことを挙げました。

 開会のあいさつをしたハンス・モドロー左翼党名誉議長は、「民主的社会主義という考えは左翼党の基本合意となっている」と指摘し、この思想を新党にも引き継ぐべきだと強調。ドイツの左翼勢力は社会主義の思想を持ち、資本主義への代案を提示しなければならないと述べました。

 左翼党大会には、五十カ国の七十三政党・組織から来賓が参加。日本共産党を代表して浅田信幸「しんぶん赤旗」欧州総局長が参加しています。

2007年6月18日(月)「しんぶん赤旗」

政治正す左翼が必要
ラフォンテーヌ共同議長に聞く

 ドイツの新党「左翼」の創立大会に参加した機会に、同党の共同議長に選ばれたラフォンテーヌ氏に聞きました。

(ベルリン=浅田信幸)

 ―― 合同大会は成功裏に進行していますが、今どのような気持ちでおられますか。

 ラフォンテーヌ いま、本当に歴史的な瞬間に立ち会っていると感じています。ドイツでは社会民主党(SPD)が強大で、その左の勢力は少数派にすぎませんでした。いまその左翼が一定の力を持って立ち上がったのです。この左翼はドイツの攻治システムを変えることになるでしょう。

 すなわち現ドイツの圧倒的多数の政治勢力は福祉国家を破壊し、国法に背いて戦争に加担しており、人民多数の利益に反しています。したがっていま、福祉国家を再建し、国際法を尊重する新しい政治勢力が求められているのです。ドイツ人の多数は、現在の政治を正す左翼が必要だと感じています。

 ―― 来賓としてあいさつした欧州左翼党のベルティノッティ議長(伊下院議長)は「欧州左翼の危機」を指摘しました。しかしドイツではあなた方の統一した左翼が最近の選挙でも前進を記録しています。左翼の合同が持つ欧州レベルあるいは国際レベルでの意義をどう考えられますか。

 ラフォンテーヌ 欧州の左翼の「危機」を語ることは理由のないことではないと思いますが、その一方でラテンアメリカでは「社会主義のルネッサンス」が生まれており、世界中の左翼に大きな希望を抱かせています。

 欧州は社会主義と労働運動の揺らんの地であり、ドイツについて言えばマルクスとエンゲルスを生んだ国です。したがって新しい左翼を再生させることに私たち全員が強い関心を抱いています。それこそが私たちの歴史的使命なのです。

 欧州のように工業化の進んだ段階にあって、問題ば左翼を前進させ、政治を本当に変えることを可能にすることです。

 ―― ベルリンの地方選挙(昨年九月)では、今回合同した左翼党PDSとWASGとが対立・分裂して敗北しました。その影響はどのようなものですか。

 ラフォンテーヌ 当然の疑問ですね。常に純粋なドグマ(教条)にしたがって物事に対処すべきだと考える小グループが存在しています。そういう小グループが存在するのはむしろ普通のことで、ベルリンの場合も全くの少数派にすぎません。

 圧倒的多数はドイツに統一した左翼が必要であり、小グループヘの分裂は政治的な成功を保証しないと確信しています。

オスカー・ラフォンテーヌ氏 一九四三年生まれ。九五年にドイツ社会民主党の党首に就任。シュレーダー政権の蔵相を務めましたが、社民党と政府の「右傾化」を批判して九九年にすべての役職と連邦議員を辞職。二〇〇五年に社民党を離党し、WASGに参加しました。

« 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」―特攻の「真実」を特攻「賛歌」で置き換えるリアリティなき作品 | トップページ | 安倍晋三内閣の歴史認識を問う「いまなぜ従軍慰安婦問題か」07年6月19日 »

政治3(世界1-ヨーロッパ1)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15477766

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツで新党「左翼」誕生(記事追加):

« 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」―特攻の「真実」を特攻「賛歌」で置き換えるリアリティなき作品 | トップページ | 安倍晋三内閣の歴史認識を問う「いまなぜ従軍慰安婦問題か」07年6月19日 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ