« 自衛隊の国民監視中止を、ペンクラブが声明 | トップページ | パレスチナ統一政府崩壊(2)続報 »

2007年6月16日 (土)

女性自衛官人権訴訟、家族が「嫌がらせ間題調査を」と防衛省に要請

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2007年6月16日(土)「しんぶん赤旗」

嫌がらせ間題調査を
女性自衛官家族 防衛省に要請

 北海道の航空自衛隊基地での暴行・強制わいせつとその後の上司による退職強要で、国を相手に損害賠償訴訟を起こした被害者の女性自衛官(21)の家族と代理人、支援者らが15日、東京都市ヶ谷の防衛省に対し提訴への報復的措置ともとれる数かずの嫌がらせ問題の実態調査、関係者の処分と再発防止などでの緊急申し入れを行いました。

 申し入れ内容は、①提訴(5月8日)直後から、普段は物置としている部屋に勤務変更を命じ(未実施)②事件発生の1週間前の昨年9月2日に起きた加害者の勤務室における夜勤中の飲酒問題で、原告にかかわる一部だけを問題にした事情聴取が行われている③任意の調査にもかかわらず、取り調べや供述拒否の告知もせず、時には勤務時間外に行われている―など。

 航空幕僚監部に申し入れ書を提出した原告の父親(48)は、「(基地で)どういうことがあったかきちんと確かめてほしい」などと訴えました。

 代理人の佐藤博文弁護士は「これまで面談を求めてきたが、当該基地は『上の方(市ケ谷)と協議して』といい、防衛省は『基地が対応すること』と無責任な対応で、ことの重大性を認識していない」と防衛省の姿勢を批判しました。

 申し入れには日本共産党の紙智子参院議員と、社民党の福島みずほ、民主党の岡崎トミ子両参院議員の秘書が同行しました。

「支援する会」が署名活動開始へ

 「女性自衛官の人権裁判を支援する会」は同夜、渋谷区内で東京報告集会を開きました。自衛隊内でのセクシュアルハラスメントの実態、原告の人権回復に向けた支援について討論。公正・迅速な裁判を求める署名、原告への不利益な処遇の是正を求める防衛省への署名にとりくむことなどを申し合わせました。

« 自衛隊の国民監視中止を、ペンクラブが声明 | トップページ | パレスチナ統一政府崩壊(2)続報 »

司法3(自衛官の人権)」カテゴリの記事

政治1(日本05-自衛隊-自衛官の人権)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/15457775

この記事へのトラックバック一覧です: 女性自衛官人権訴訟、家族が「嫌がらせ間題調査を」と防衛省に要請:

« 自衛隊の国民監視中止を、ペンクラブが声明 | トップページ | パレスチナ統一政府崩壊(2)続報 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ