« 安倍・ブッシュ日米首脳会談―5.温暖化防止 | トップページ | 今日でベトナム戦争終結32周年 »

2007年4月29日 (日)

2007年5・3憲法集会&パレード

20070503kenpoushukaiparadea 20070503kenpoushukaiparadeb  毎年多くの人が集まっている、今年で7回目の集会です。今年もぜひ成功させたい。「許すな!憲法改悪・市民連絡会」「憲法改悪反対共同センター」のホームページから転載し、あわせて、その実行委員会の記者会見を報じたしんぶん赤旗の記事を引用しておきます。

   「集会を知らせるビラ」(PDF)

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

日時:2007年5月3日開場12時30分、開会13時
開場:日比谷公会堂
◎入場無料
◎手話通訳、第2会場あり。会場に入れない方のために大画面のオーロラビジョンを用意します。

第1部

スピーチ:植野妙実子・中央大学教授
             浅井基文・広島平和研究所所長
             志位和夫・日本共産党委員長
             福島瑞穂・社会民主党党首

歌&コンサート:オオタスセリ

第2部

1万人の銀座大パレード:パレード出発、15時

主催:2007年5・3憲法集会実行委員会

(事務局団体)憲法改悪阻止各界連絡会議、「憲法」を愛する女性ネット、憲法を生かす会、市民憲法調査会、女性の憲法年連絡会、平和憲法21世紀の会、平和を実現するキリスト者ネット、許すな!憲法改悪・市民連絡会(お問い合わせは03-3221-4668)

賛同人観世榮夫(能楽役者)
      澤地久枝(作家)
      高畑勲(アニメーション映画監督)
      山田洋次(映画監督)
      湯川れい子(作詞家)
      吉永小百合(俳優)
      その他642人

2007年4月25日(水)「しんぶん赤旗」

5・3憲法集会で要綱
銀座で1万人パレード 志位委員長らスピーチ

 「二〇〇七年5・3憲法集会」実行委員会は二十四日、衆院第二議員会館で記者会見し、憲法集会・パレードの要綱と賛同者を発表しました。

 同実行委員会は、憲法会議や、許すな!憲法改悪・市民連絡会など八団体で構成。党派を超えて憲法改悪反対の一点で共同の集会を開いています。

 七回目の今年は、東京・日比谷公会堂で午後一時から集会を開催。植野妙実子・中央大学教授、浅井基文・広島平和研究所所長、日本共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首の四氏がスピーチします。初企画として「一万人パレード」を午後三時から銀座でおこないます。

 集会の賛同人として、能楽役者の観世榮夫、作家の澤地久枝、アニメーション映画監督の高畑勲、映画監督の山田洋次、作詞家の湯川れい子、俳優の吉永小百合の各氏ら六百四十二人が名を連ねています。

 憲法会議の平井正事務局長は、実行委員会が当日の集会だけでなく、改憲手続き法案に反対する集会など日常的なとりくみに発展していることを紹介。憲法施行六十周年であり、改憲勢力の策動が強まるなかで迎える今年の憲法集会では、大型画面を設置する会場外にも多くの人を集め、一万人で銀座をパレードするなど大きなとりくみにしていくと語りました。

« 安倍・ブッシュ日米首脳会談―5.温暖化防止 | トップページ | 今日でベトナム戦争終結32周年 »

政治1(日本03-憲法)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/14842745

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年5・3憲法集会&パレード:

» ブログを立ち上げて1年 [関係性]
 昨年の4月21日に初めてのエントリーをした。  ワクワクとドキドキの出発であった。  自分でブログを立ち上げられるとは思っていなかった。  それをさせるエネルギーが何処かにあった。  ビジネスを30歳で始めて立ち上げ、親戚に頭を下げてカネを集めた。  それを軌道に乗せたと感じる瞬間はないまま拡大再生産に追われ、次の資金投入の必要性が出てくる。親戚からの借入は返済したものの、代わりに金融機関からの借入は膨らんでいく。  組織もそれなりに大きくなるが、社員の家族も含めて責任が一層大きくなってきてい... [続きを読む]

» 憲法60年―「平和省」があったら [関係性]
 私も生まれて60年、憲法と共に生きてきた。  しかし、憲法のありがたみを感じないままに過ごしてきた。私の家庭がそのまま憲法であったからなのかもしれない。唯一つ、憲法が守られないまま好戦的な方向に徐々に徐々に軍国化に進んできたことだけは体感していた。それでも戦争に巻き込まれた経験はない。  私は兄弟が多く、食べ物を分け合う質素な家庭で育った。小学校の給食費が払えず、担任から速く持ってくるようにみんなの前でよく言われていた。それでもそんなことにクヨクヨしたことはなかった。それは毎日聞かされる母親から... [続きを読む]

« 安倍・ブッシュ日米首脳会談―5.温暖化防止 | トップページ | 今日でベトナム戦争終結32周年 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ