« 今の憲法を理解しない者に発議者の資格なし/「国民主権の具体化」なら「国民が総意で決めた」と言えるものでなければならない | トップページ | 改憲手続き法案、最低投票率拒否はご都合主義の憲法解釈で法案提出者立ち往生 »

2007年4月19日 (木)

憲法9条を守るのは、日本の自衛とは無関係の「自衛隊の海外での武力行使」を許さないためです―あるコメントへのコメント

 今朝「改憲手続き法案は、自衛隊の海外での武力行使を目指すことが一層明らかになった」という記事を書いたら、「どこにでもいる一般人」と自称される方から、

共産シナは、日本にミサイル向けてるよ。
一言、同じ共産党として、意見してあげてよ。

 と間髪を入れずにコメントが付きました。極めて重要な論点を含んでいると思いますので、これに対する僕のコメントをそのコメント欄にも書きましたが、同じものを以下に掲げて独立の記事にしておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

 中国が、日本を侵略すべく日本にミサイルを向けて日本を攻撃する準備をしている以上、日本もそれに対抗できるだけの軍事力を整え、さらに、中国の攻撃があった場合には、日本はそれに対抗すべく軍事力を発動して武力を行使すべきだとの意見ですね。

 要するに、日本には自衛権とその発動の必要があるのだから、自衛隊を軍隊として認め、かつ自衛隊の軍事力の発動としての武力行使を認めるために、憲法9条を改定すべきだ、ということだと思います。

 しかし、憲法9条を守ろうという主張と運動は、日本の自衛権とその発動・行使に反対しているのではありません

 そもそも、そのようなことは今の憲法9条で認められているというのが政府の公式の9条解釈です。また、それをさらに補うために日米安保条約があり米軍が日本を防衛しているというのが政府の公式見解です。

 すなわち、どこにでもいる一般人さんが懸念している、日本の自衛権とその行使のためには、憲法9条改定の必要は何ら無いというのが政府の公式見解の帰結です。

 にもかかわらず、政府が憲法9条を改定しようとしているのは、アメリカが、日本の自衛権とその行使とは無関係な戦争を始めたときに、日本もその戦争に参加して武力を行使することが、今の憲法9条とその解釈の下ではできないからです。具体的に言えば、たとえば今も続くイラク戦争で、日本の自衛隊が、アメリカ軍と同様の武力行使をすることは、今の憲法9条とその解釈の下ではできないから、それをできるようにするために憲法9条を改定しようとしているのです。

 このことを法律用語で「集団的自衛権の行使」と言っているのです。また、僕は上記記事にて、このことを指して「自衛隊の海外での武力行使」と言っています。「集団的自衛権」というのは分かりにくい用語だと思うからです。

 要するに、憲法9条を守ろうという主張と運動は、日本の自衛権を否定しようということでも、日米安保条約を否定しようということでもありません。そんなことを目的にしているのではなく、アメリカが日本の自衛と無関係に行う戦争に日本の自衛隊が参加して武力を行使するという国づくりに反対しているのです。

 なお、どこにでもいる一般人さんは「共産シナ」と言っていますが、この「シナ」という呼び方は、外国人が中国を呼ぶ用語として、それなりの歴史的根拠をもってはいるにしても、しかし、その言葉は、戦前・戦中、日本の中国侵略と結びついて、中国に対する侮蔑語として使用されたものであり、中国国民はこの呼称を拒否しているものです。当時、日本政府は、「中華民国(中国)」というその時期の正式国号を無視し、ことさら「シナ」、「シナ人」などと呼んで、中国と中国人を蔑む態度をとりました。これは、中国侵略戦争のさい唱えられた「膺懲支那」などというスローガンに端的に示されています。

 従って、中国を「シナ」と呼ぶことは、今となっては殆どの人がしないことですから時代錯誤であることはもちろん、過去の侵略戦争への無反省がその根底にあると言うべきです。「どこにでもいる一般人」と自称していますが、通常そう言われるように「中国」とは呼ばないで、わざわざ「共産シナ」と言うのは、どこにでもいる一般人のすることではないと思います。

« 今の憲法を理解しない者に発議者の資格なし/「国民主権の具体化」なら「国民が総意で決めた」と言えるものでなければならない | トップページ | 改憲手続き法案、最低投票率拒否はご都合主義の憲法解釈で法案提出者立ち往生 »

政治1(日本03-憲法)」カテゴリの記事

コメント

サルのつぶやきさんは
「中国が、日本を侵略すべく日本にミサイルを向けて日本を攻撃する準備をしている以上、日本もそれに対抗できるだけの軍事力を整え、さらに、中国の攻撃があった場合には、日本はそれに対抗すべく軍事力を発動して武力を行使すべきだとの意見ですね。」
と理解され、それを元に持論を展開されていますが、私のコメントに対するそのご理解は違います。
それ以前の問題としまして、このような共産シナの現在の行動に対してのご見解をお聞きしたかったのです。憲法論議以前の現状の認識についての確認をしたかったのです。その他にも潜水艦の領海侵犯、尖閣諸島の問題等はどのようにお考えでしょうか。

 僕が書いた記事は、改憲手続き法案の目的が一層明らかになったというものであり、言うまでもなく憲法9条を守る立場からのものです。

 それに対して、どこにでもいる一般人さんは、中国の日本に向けられたミサイルという軍事力を指摘して、中国に意見すべきだとコメントしました。

 憲法9条を守るべきだという意見に対して、中国の日本に向けられた軍事力を指摘する意見が述べられたので、中国の日本に向けられた軍事力にどう対応するかの問題と、憲法9条を守るか改定するかの問題は別個の問題だと述べたのです。

 僕の記事は、憲法9条を守ることに関するもので、中国の軍事力を始めとする中国の現状に関するものではありません。憲法9条を守ろうという僕の記事に対して、どこにでもいる一般人さんが、なぜ僕の中国への現状認識・考えを知りたいとコメントをつけたのか、僕には分かりませんが、今の僕にはそれを述べる余裕と力はありません。悪しからず。

サルのつぶやきさん、お返事ありがとうございます。

私はビックリしました。
「なぜ僕の中国への現状認識・考えを知りたいとコメントをつけたのか、僕には分かりませんが・・・」

このエントリーでサルのつぶやきさんが取り上げていらっしゃる内容は正真正銘、政治、外交、軍事、戦略等の諸外国との関連なしには、論じることが出来ない内容です。

ですから、アジアの大国である共産シナ、一国だけでも認識をお伺いしたかったのですが「聞かれる理由がわからない」とは、どう考えればよろしいでしょうか。

サルのつぶやきさんは、プロフィールに下記の内容を書いていらっしゃますね。
「日本共産党は、科学的社会主義(マルクス主義)を理論的な基礎とする政党で、科学的社会主義(マルクス主義)は、何事につけ物事の実際と筋道を大切にする考え方だと理解して、日本共産党員になりました。」

そこで、お聞きしたいのですが、同じ、マルクス主義を信奉する共産シナの行動に対しての「物事の実際と筋道」は、どのように理解すればいいでしょうか。

また、科学的社会主義(マルクス主義)が理想とする国家像についてのご意見をお聞かせください。共産シナや朝鮮民主主義人民共和国が貴方の目指すところでしょうか。もし違うのでしたら、どのように違うのでしょうか。科学的にご説明頂ければ大変ありがたいのですが。
この日本をどういう国にすべきかお聞かせください。

「僕の記事は、憲法9条を守ることに関するもので、中国の軍事力を始めとする中国の現状に関するものではありません。」

サルのつぶやきさんは、上記のご発言をされていらっしゃいますが、これは、やはり本末転倒の論理ではないでしょうか。
「憲法9条を守る」という結論を出し、ご発言されている以上、その根拠を「物事の実際と筋道」をもってご説明頂けないでしょうか。現状の認識、歴史性、また、民族性等もあると思われます。
また、時代時代で状況は常に変化しますので、「僕の記事は、憲法9条を守ること」というのは・・・・。

しかし、現状「憲法9条を守る」と言う結論を出されている以上、そこに至る科学的、論理的な「物事の実際と筋道」のご説明をよろしくお願い申し上げます。

 上記記事に書いた通り、現実の政治において実際に主張されている政府の憲法9条改定論は、アメリカが日本の自衛と無関係に行う戦争に日本の自衛隊が参加して武力を行使できるようにするために憲法9条を改定すべきだというものであり、中国の軍事力に対応するために憲法9条を改定すべきだというものではありません。具体的には、今も続くイラク戦争に日本の自衛隊が参加して、アメリカ軍と同様に武力を行使すべきだということです。

 僕は、イラク戦争のようなアメリカが日本の自衛と無関係に行う戦争に日本の自衛隊が参加して武力を行使すべきではないと考えるから、憲法9条を守るという結論を出しています。

 中国の軍事力への対応が問題になっているのではなく、アメリカが日本の自衛と無関係に行う戦争に日本の自衛隊が参加して武力を行使することの是非が問題になっているところで、中国の軍事力を問題にするのはコメントとして失当です。

サルのつぶやきさん
この度は、大変ありがとうございました。
本当に多くのことを学ぶことが出来ました。
これからも、よろしくお願い致します。

saru さんおつかれさまです。やはり、シナなどと連発するお人のいう「どこにでもいる一般人」とはどう考えても自称ですよねぇ。こういうウヨの類がいつもどこでも現れてこうした論を吹っかけるのはいろいろな場所で見ています。
ということで私はsaruさん を援護します。

>中国が、日本を侵略すべく日本にミサイルを向け>て日本を攻撃する準備をしている以上、

かつてはソ連、そして北朝鮮・中国と「仮想敵国」に入れ替わり立ち代りしています。

これは、相手の国と同様で、日本も米軍とともに、該当国にミサイルを向けているし軍事演習をしております。

>日本もそれに対抗できるだけの軍事力を整え、さ>らに、中国の攻撃があった場合には、日本はそれ>に対抗すべく軍事力・・・

沖縄米軍基地の再編はすでにその兆候が見られるし、日米軍事再編成り兆候もあります。むしろ、軍事演習で包囲してきたのは何なのでしょうか?

中国からの攻撃―脅威から守るというもっともらしい理屈で実は「先制攻撃論」が主流なのが日米軍事演習や、米軍再編成の本質であったりします。そのために、もっともらしい理屈がさらにこねられているのです。

いくつかの事例をだして、日本は攻撃されていると理屈づけて、こうした脅威をぶちかまして、日米軍事再編を強化している実態を隠蔽していこうというものです。

ではなぜこうした脅威が急に叫ばれてくるのかといえば日米が対中国の戦争を想定しはじめているといえるからです。

そのためには、中国への挑発が必要だし、ウヨがその先陣をかっているわけです。それが魚釣島への上陸だったりします。昔の満州事変と同様です。「敵」から日本人が攻撃された―だから日本人を守れ―それが帝国主義の戦争のやり口でしょう。

事実から接近しましょう。saruさんのおっしゃる点と少し違っているのですが、日本は米軍と共同のアジア侵略戦争を想定していて、今までは国際貢献論などを引っさげて「非戦闘」の国際貢献だというものから、「テロとの闘い」にシフトし実際にアジアへの戦闘行為をやっていく方向に舵をきったということです。

これまでの憲法は戦闘行為や国際紛争への参加を否定しておりそれが第二次大戦の原因になったことを反省していたわけですが、この破棄を急ぐ理由は、湾岸戦争以降の流れが変わったことにも直結しています。これらを踏まえて時代がかわった、現実にあわせろという声をキャンペーンしているわけです。

改憲の決断は、戦闘をやって海外市場を獲得しなければ湾岸戦争のように日本資本は惨めな辛酸をなめさせられよう、アジア市場をアメリカにとられれば現在の資本投資や将来の円経済圏も含めてアメリカ資本につぶされてしまうという危機感があるからです。その危機感がアメリカの仕掛ける作戦と一緒になって日本はアジアで戦闘をおこなっていくことを政府関係者たちは決断しているということです。

これらは、憲法が告発している第二次大戦過程そのものの回帰でしかなく、日本がその方向にむかうということは、戦争への道にほかなりません。改憲案に軍法会議が設置してあったり、有事法制が法制化されたのは、着実にその道を準備しているということです。それらの正当化として、中国脅威論が叫ばれだしているということです。

他方、日中協同で海底油田開発などの交流も模索されているのも、経済権益です。おそらくアメリカはこの方向を苦い思いでみていることでしょう。というのも、日本がアジアで独自の権益活動をとることに絶えずアメリカは反対ないししてきたからです。よい例が、円経済圏構想つぶしや宮沢構想でした。

その意味でもアメリカは中国や北朝鮮の脅威をもちだして、日中・日朝との経済交流―日本のアジア経済圏化・円経済圏化を絶えずつぶしてきたわけです。そんなことはやられてきた日本も承知しているし軍事的にも勝てないから、東アジア経済圏構想を棚上げし、当面は米軍の作戦にあわせて日米共同で戦闘しながら日本資本は経済権益を拡大していけばよいと戦略を切り替えたわけでしょう。


訂正です。ごめんさない。

×絶えずアメリカは反対ないししてきたからです

○絶えずアメリカは反対しつぶしてきたからです。

 日本国憲法擁護連合さん、初めまして。

 僕は、まだ日本国憲法擁護連合さんのようにいろいろ書く余裕と力がなく、限定されたことしか書いていませんし、お応えもできませんが、自分として頭がまとまり、わりと正確に書けるようになったものを少しずつ書いてきました。これからもそうするしかありません。よろしくお願いします。

期待どうり、出て来てくれましたね。
赤い真打が!!
お待ちしておりましたよ!!
日本国憲法擁護連合 様

まず、お尋ね致します。

日本国憲法擁護連合様は下記のように述べていらっしゃいます。

「昔の満州事変と同様です。「敵」から日本人が攻撃された―だから日本人を守れ―それが帝国主義の戦争のやり口でしょう。」

これを今の状況に当てはめると

「昔の満州事変と同様です。「どこにでもいる一般人」から「サルのつぶやきさん」が攻撃された―だから「サルのつぶやきさん」を守れ―それが帝国主義の戦争のやり口でしょう」

冒頭、日本国憲法擁護連合様は下記のようにも述べていらっしゃいます。

「こういうウヨの類がいつもどこでも現れてこうした論を吹っかけるのはいろいろな場所で見ています。
ということで私はsaruさん を援護します。」

「帝国主義の戦争のやり口」とピッタリ一致するではありませんか。

と言うことは、ひょとして、日本国憲法擁護連合様は本当は、生粋の帝国主義さんなのですね!!

日本国憲法擁護連合様
サルのつぶやき様

「こういうウヨの類がいつもどこでも現れてこうした論を吹っかけるのはいろいろな場所で見ています。
ということで私はsaruさん を援護します。」

美しいですねえ・・・。
同志が窮地に落ちいったとき、助ける!!

ひょとして、これって、集団的自衛権の行使?

既に、やってるじゃありませんか。
さすが、進歩的!!

saruさん、初めまして。
確か、saruさんは東京都で日本共産党の議員をされている方ですよね。以前、saruさんのサイトを読ませていただいたことがありましたので。よろしくです。

 >僕は、まだ日本国憲法擁護連合さんのようにい>ろいろ書く余裕と力がなく、限定されたことしか>書いていませんし、

謙遜しないでください。しっかりとウヨの挑発をかわしておられると思います。私のブログにもウヨが挑発しにくることはざらにありますので、ともに対峙していきましょう。

しかし、ウヨがまたなにやら書き込んでいますが、偽装・ペテン・理屈にもならないすり替えも平然とやりえんえんと繰り返し常駐化していく傾向が強いので、しっかりとした対応が効果的です。


>お応えもできませんが、自分として頭がまとま
>り、わりと正確に書けるようになったものを少し>ずつ書いてきました。これからもそうするしかあ>りません。よろしくお願いします。

こちらこそよしくです。それでは。

あと、ネットウヨはせめて自分のブログなり、メール先を堂々と公表してから、意見は書くのが礼儀です。

日本国憲法擁護連合様
東京都で日本共産党の議員をされているサルのつぶやき先生様

おはようございます。

サルのつぶやき様は
「東京都で日本共産党の議員をされている方」
なのですか!!
どうもこれは大変、ご無礼致し申し訳ございませんでした。

ところで、この度は、大変ありがとうございました。
とても、いい経験をさせて頂きました。
やはり、インターネットのお陰で、
「東京都で日本共産党の議員」をされていらっしゃる先生と直接、意見の交換が出来、また日本国憲法擁護連合様からはいろいろとお言葉を頂き、多くを知ることが出来ました。

ありがとうございました。

 日本国憲法擁護連合さん、それは誤解です。僕は議員なんかじゃありません。単なる1人の日本共産党員に過ぎません。

 品川区に住んでいるせいで、日本共産党の品川区議会議員さんたちとはもちろん親しくしてもらってますので、その許可を得て、しかし自由に、その区議会での発言や、提言、ニュースを引用したり掲載したりさせてもらっているだけです。

 もちろん、その議員さんたちもこのブログの作成に一切関わっていません。たぶんごくたまーにしか読んでないんじゃないかなあ(^^;。

勘違いしておりました。似たような方が区議会議員にいたもので・・・。saruさんは独身なのですか?バツイチとかですか?

 日本国憲法擁護連合さん、こんにちは。プロフィールに書いた通りですよ(^^;。

私は、安藤たい作さんが「さるのつぶやき」を運営されていると勘違いしていました。安藤たい作さんは、おさるさんのような顔だちをされているので、てっきり安藤たい作さんのブログかなぁと思い違いをしていました。さるさんどうもです。

 日本国憲法擁護連合さん、こんばんは。

 確かに、安藤君はさるのような顔をしてますね(^^)。でもこれもプロフィールに書いた通り僕はもう50歳であんなに若くありません。

>確かに、安藤君はさるのような顔をしてますね
>(^^)。

でしょう?安藤さんのプロフも硬いイメージの共産党とは似つかわしくないものだったし、さるのつぶやきさんのブログのスタンスもそんな感じだったので、勘違いしてました。すいません。


>でもこれもプロフィールに書いた通り僕はもう50歳であんなに若くありません。

安藤さんと、さるさんは年齢が違っていましたね。すいません。さるさんは、結婚したほうがいいといわれているので、独身かバツイチなのかと思ってしまいました。日本共産党員にもいろいろな方がいるのだなぁと思ってしまいました。

 日本国憲法擁護連合さん、こんにちは。

 こんなことどうでもいいことなのでしょうが、僕は、50歳ですけど、独身です(^^;。バツイチではありません。

 今後もよろしく!

わたしも独身なので親近感がわきました。さるさんは結婚はしたほうがいいという思いもがとにかく強烈なインパクトがありましたので。さるのつぶやきというブログのタイトルがこれまたいい味を出しているのでお気に入りです。

独身ですと、組織団体員だといろいろ皮肉をいわれることだろうと思います。旧左翼も新左翼も、日本の左翼は古く多種多様を認めていないから、結婚していない人に対するバッシングは強いですよねえ。

この辺が変わると日本の左翼も支持が拡大するのになぁと思っています。

 何かいろいろおほめいただいて恐縮です。ありがとうございます。

 確かにプロフィールに「一生に1度くらいは結婚した方がいいと思ってます」なんて書きましたが、「この年になってもまだ、大恋愛して結婚したいと思ってます」なんて書くのが恥ずかしかったので、まるで第三者のような書き方をしたんです(^^;。

 で、バッシングが強いとのことですが、僕の経験ではそんなこと全然ないですよ。日本共産党に入って、男女を問わず幅広い方と知り合い、大いに楽しませてもらってます。恋愛はまだ全然ないですが(^^;。

 ともかく、日本共産党員になってから、とても楽しく快適な生活を送ってます、マジで(^^)v。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/14774402

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条を守るのは、日本の自衛とは無関係の「自衛隊の海外での武力行使」を許さないためです―あるコメントへのコメント:

« 今の憲法を理解しない者に発議者の資格なし/「国民主権の具体化」なら「国民が総意で決めた」と言えるものでなければならない | トップページ | 改憲手続き法案、最低投票率拒否はご都合主義の憲法解釈で法案提出者立ち往生 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ