« 景気回復を都民のものに!憲法を都民のものに!―吉田万三氏の公約・政策 | トップページ | 都知事選に関する世論調査についての小さな感想 »

2007年3月15日 (木)

「浅野批判の誤謬」という誤謬(補充・追加)

 浅野氏が都知事選への立候補を表明して以来、マスコミのあおりもあり、石原vs浅野というムードがつくられようとしています。いろんなブログを読んでもこのムードに乗っかったつまらない議論が少々目につくようになりました。事実や論理のねじ曲げが目立つなあというのが僕の正直な感想です。

 そんな中、TBをいただいた「ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮))」というブログで、共産党の浅野批判は事実をでっち上げたものであるという批判を見ました(3月14日付)。その後、このブログからは削除されましたが、元々AMLというメーリングリストに投稿されたもので(3月14日付の[AML 12526] 「赤旗」の浅野批判の誤謬について)、その後何度か訂正されています(最終版は、3月19日付の[AML 12695] (再々訂正版)Re: 「赤旗」の浅野批判の誤謬について)。残念ながらこれも元々事実や論理をねじ曲げたもので、批判たり得ないものでしたし、その後訂正されても僕がここで書いた批判はそのまま当てはまっていると思います。

 その、民生費・教育費・衛生費に関する批判は、批判された方が引用している統計表の見誤りです。志位氏はあくまでも「一人当たり」のそれらの費用が東北6県で最低だと言っているのです。それらの費用の県財政に占める割合ではありません。引用されているその統計表を見れば分かります。

 住民税の話も、その税率が高い低いの話をしているのではありません。住民税はたくさん取っておきながら、福祉の費用には最低の支出しかしてないとは何事かということなのです。

 国保証のとりあげは、実際にそのとりあげによって医者にかかれず死者まで出ているという人の命に関わる重大問題です。

 これが制度化されたのは1986年。そして悪名高い小泉純一郎氏が厚相だった1997年にさらに改悪され、それまでとりあげは市町村の裁量としていたのを、「返還させるものとする」という義務規定にして、2000年から実施することとしました。さらに2001年からこの保険料未納者への制裁を強化したのです。

 国の法律はこのように改悪されましたが、それにどう対応するかは市町村の考え方次第で変えられます。現にそうしているところもあります。また都道府県もこのような市町村を助成することができます。現に子ども医療費などについては東京都は市区町村を助成しています。

 従って、国がこういう法律を定めても都道府県はやれることがあるのです。それをやらず国の政策のままにしてきたのが浅野氏なのです。浅野氏が宮城県知事になったのは1993年ですが、その前任の自民党の知事はとりあげはしないと言明していました。前任の自民党の知事であろうが浅野氏であろうが、国が制度を変えたからといって、国保証のとりあげをやってはならなかったのです。

 どの市町村であろうが都道府県であろうが、国の福祉切り捨ての政策に唯々諾々と従うこと自体が、地方自治体としては絶対にやってはならないことです。また、国が大型開発による浪費政策を進めるからといって、それを黙って受け入れているようでは地方自治体として失格です。これらは国が進めるから仕方がないで済ませてはいけません。済ませてしまったら、それは地方自治体の役割の放棄なのです。

 これは地方自治のイロハです。これらを分からずして「地方分権」などとはやり言葉を口にするのは、また「福祉」を語るのは、その人がいかに政治を机上の空論としてしか考えてないかを物語るものです。

 ムードに乗っかった軽率な判断だけはしたくないものです。

 地方自治体の役割は福祉すなわち住民生活の向上にあり、かつての美濃部革新都政と都民の運動の賜物で東京にはこれを実現する諸制度がありました。それを乱暴に削ってきたのが石原都政です。これがこの8年間の石原都政を客観的に見たとき浮かび上がってくる都政の中心問題です。これを改めて問題を解決するのか否か、今回の都知事選はこのことが問われています。

 それを改め解決する立場から立候補を表明しているのは、残念ながら吉田万三さんしかいません。そのくらい都政を分かってない人たちばかりなのが何とも寂しい。都知事選挙と都政を机上の空論を弄ぶ政治屋たちの遊びの場としてはならないと思います。

 上記の記事にTBさせていただきました。

 (追加1)また、「今日の出来事」というブログ3月12日13日の記事にもTBさせていただきました。moonyさんの「M. H. Square.」3月13日の記事にもTBしました。

 (追加2)PPFVさんには、コメントをいただき、その「+++ PPFV BLOG +++」というブログの中の3月15日の記事の中でリンクしていただきました。何だかTBがうまくいかないそうなのでここでリンクさせていただきます。このブログお薦めですよ。

 (追加3)これお・ぷてらさんの「花・髪切と思考の浮游空間」というブログからTBをいただきました。様々な話題について書いてあってとても勉強になるブログです。僕もTBさせていただきます。お薦めです。

 (追加4)さらに3月22日に別記事で補充しました。題して「「『浅野批判の誤謬』という誤謬」がこんなところにもあった、驚き、あきれて、怒りが湧いてきた」

 (追加5-1)僕がここで批判している文章は、元々AMLというメーリングリストに投稿されたものですし、その後何度か訂正されています。訂正されても僕がここで書いた批判はそのまま当てはまっていると思います。ともかく元の投稿へリンクしておきます。

3月14日[AML 12526] 「赤旗」の浅野批判の誤謬について

3月15日[AML 12574] 「赤旗」の浅野批判の誤謬について(訂正版)

3月17日[AML 12626] 「『赤旗』の浅野批判の誤謬について(訂正版)」の以下の部分を訂正します

3月18日[AML 12666] 「赤旗」の浅野批判の誤謬について(再訂正版)

3月18日[AML 12672] Re: 資料の追加:「赤旗」の浅野批判の誤謬について(再訂正版)

3月19日[AML 12695] (再々訂正版)Re: 「赤旗」の浅野批判の誤謬について

 (追加5-2)AMLというメーリングリストの中に他の方による詳細な批判もあります。

3月15日[AML 12567] 資料

3月16日[AML 12607] 統計の "チラリズム" でトリック

3月17日[AML 12629] (続) 統計の "チラリズム" でトリック

3月17日[AML 12641] (続々) 統計の "チラリズム" でトリック

3月18日[AML 12675] Re: (続々) 統計の "チラリズム" でトリック

3月19日[AML 12700] Re: (再々訂正版)Re: 「赤旗」の浅野批判の誤謬について

3月20日[AML 12717] Re: (再々訂正版)Re: 「赤旗」の浅野批判の誤謬について

3月20日[AML 12719] 東本氏のトリックを批判する

3月23日[AML 12763] 東本氏のトリックを批判する(その2)

3月23日[AML 12766] 東本氏のトリックを批判する(その2) の訂正

3月25日[AML 12837] 東本氏のトリックを批判する(その3)―"(最新ニュースのIZUMI) 浅野,県政に対する赤旗(3月2日付)記事の検証" について

3月26日[AML 12878] 東本氏のトリックを批判する(その4)

上記26日付への東本氏ご本人の反論は、ここ(3月27日)。でも、反論になってないと思う(^^;。

3月27日[AML 12904] 東本氏のトリックを批判する(その5)

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

« 景気回復を都民のものに!憲法を都民のものに!―吉田万三氏の公約・政策 | トップページ | 都知事選に関する世論調査についての小さな感想 »

政治4(東京都1)」カテゴリの記事

コメント

saruさま。はじめまして。
トラックバックいただきました「今日の出来事」のnew-eraと申します。
とても分かり易い記事だと思いました。
今回の記事を私のブログでも全文転載させてください。
よろしくお願いします。

 new-eraさん、初めまして。コメントをありがとうございます。

 こんな記事で良かったらどんどん転載してください。お役に立つのは嬉しい限りです。

 「今日の出来事」、これからもしっかり読ませてもらって勉強させていただきます。

 こちらこそよろしくお願いします。 

saruさん、はじめまして。PPFVと申します。
拙ブログにコメントいただき貴ブログのことを知りました。
とても有用かつ興味深いエントリーでした。
トラックバック送らせていただいたのですが、どうもうまくいかないようです。
今後とも注目しております。また是非リンクさせていただきたいと存じます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

 PPFVさん、初めまして。

 今回の都知事選では、いろいろなブログを新たに読めて、みなさんしっかり考えて書いていてすごいなあと思ってしまいました。おかげで読みたいブログが増えてしまいました(^^)。

 こちらこそリンクやTBさせていただきますよ。よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「浅野批判の誤謬」という誤謬(補充・追加):

» 東京都知事選:反石原候補の一本化を目指すとしたら [M. H. Square.]
 前のエントリーをあげてから、またあちこちのサイトを見てまわってみましたが、実に... [続きを読む]

» 浅野支持者は吉田氏批判ばかりしていないか? [今日の出来事]
ある掲示板(阿修羅)の書き込みをそのままブログに引用して記事を書いている浅野氏支... [続きを読む]

» 【都知事選−石原三選阻止!】浅野史郎さんは決して候補者として「ベスト」ではない・・・が、それでも浅野さんを勝手に応援する理由 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
東京都知事選について。 ご覧頂ければお分かりのように、このブログでは昨日(3/8)より東京都知事選への立候補を決意された【浅野史郎さん】を勝手に応援し始めました。 浅野さん擁立の背景には、石原慎太郎都知事の三選を阻止することを目指した草の根の「市民派」の地...... [続きを読む]

» 【都知事選・石原三選阻止!】日本共産党はフランス共産党の「英断」から学んで欲しい。われわれは、ルペンも石原も「ノン」なのだ! [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
2002年のフランス大統領選。 この選挙、決選投票に勝ち残るのは保守・中道政党連合が推すシラク候補(現大統領)と社会党が推すジョスパン候補によって戦われるものだと誰もが考えていました。 ところが、決選投票に勝ち残ったのはシラク氏と、外国人排斥や排外主義を煽....... [続きを読む]

» 【都知事選・石原三選阻止!】「自民党も民主党も五十歩百歩」と切り捨てる前に、彼らの<内部的矛盾>に切り込むための努力をすべきでは無いか? [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
今回の都知事選においては、共産党支持者の方達のみならず、いわゆる「新左翼」系の方達の中にも「浅野史郎氏の背後にいる民主党は『第二自民党』だから共同出来ない」と決め付ける向きの議論があるようです。 しかし、そもそも浅野史郎さんは民主党推薦候補ではありませ....... [続きを読む]

» 東京都知事選・首長選はどうたたかわれるのか [花・髪切と思考の浮游空間]
都知事選をめぐる言説があちこちのブログでみられます。しかし、この議論を分けるのは、いまの日本の政治の流れを、二大政党制という軸でみるのか、みないのか、このちがいにすぎないと私はとらえています。このちがいにすぎない、といいましたが、このちがいはとても大きい。当ブログでは、都知事選の候補者選考劇を(石原と)代替可能領域内の物語とよんできました。いいかえると、先のちがいとは、代替... [続きを読む]

» 東京都知事選:石原都政を変えたいと思う人たちにぜひ読んでいただきたい論文 [M. H. Square.]
 告示前ではありますが、石原都政を変えたいと思う人たちにぜひ読んでいただきたい論... [続きを読む]

« 景気回復を都民のものに!憲法を都民のものに!―吉田万三氏の公約・政策 | トップページ | 都知事選に関する世論調査についての小さな感想 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ