« 中国主席、南ア大統領と戦略パートナーシップを積極的に推進することで一致 | トップページ | ベネズエラ、違法な軍事クーデターに加担したテレビ局の放送免許更新問題 »

2007年2月10日 (土)

アメリカ、アフリカ軍創設発表

 1月19日の記事で書いたアメリカのアフリカ軍の創設が公式に発表されました。中国も早速反応しています。しんぶん赤旗の記事を引用しておきます。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

2007年2月8日(木)「しんぶん赤旗」

米、アフリ力軍創設発表

 【ワシントン=山崎伸治】ブッシュ米大統領は6日、声明を発表し、アフリカ全土を統一的に管轄するアフリカ軍を米軍に創設することを明らかにしました。アフリカでの「対テロ戦争」への対応を強化する目的ですが、中国の影響力拡大をけん制することを狙ったものともみられています。

 米軍はこれまで、北東部の「アフリカの角」とエジプト、スーダン、ケニアを中央軍、インド洋の島々を太平洋軍、それ以外のアフリカ大陸を欧州軍がそれぞれ分担。2001年9月の同時多発テロ後は、中央軍の下に「アフリカの角」統合機動部隊をジブチに置き、同地域の「対テロ」任務を担わせてきました。ゲーツ国防長官は6日の上院軍事委員会の公聴会で、3軍による分担は「冷戦が残した時代遅れの配置だ」と述べました。

 司令部については、2008年9月までに「アフリカ側と緊密に協議して、しかるべき場所に決める」としています。

 ロイター通信などによると、初代司令官にはウィリアム・ワード欧州軍副司令官が有力視されています。

2007年2月9日(金)「しんぶん赤旗」

米アフリ力軍
中国が創設をけん制

 【北京=時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は8日、ブッシュ米大統領がアフリカ地域管轄の「アフリカ軍」創設を発表したことに関連して、「中国とアフリカ諸国の互恵協力と交流はアフリカの平和、安定、発展の促進に資するし、アフリカ人民の支持を受けている」と指摘、中国のアフリカ進出を意識したとされる米国の動きをけん制しました。

« 中国主席、南ア大統領と戦略パートナーシップを積極的に推進することで一致 | トップページ | ベネズエラ、違法な軍事クーデターに加担したテレビ局の放送免許更新問題 »

政治3(世界1-アメリカ2-外交)」カテゴリの記事

政治3(世界2-中国・ベトナム・キューバ)」カテゴリの記事

政治3(世界3-アフリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13851351

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ、アフリカ軍創設発表:

« 中国主席、南ア大統領と戦略パートナーシップを積極的に推進することで一致 | トップページ | ベネズエラ、違法な軍事クーデターに加担したテレビ局の放送免許更新問題 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ