« 友寄英隆「日本型の異常な『格差景気』」 | トップページ | 品川自民党区議・築舘武雄氏が不正請求した政調費247万円を返還 »

2007年1月22日 (月)

ハマス最高指導者「対話こそが解決への唯一の手段」「武力衝突は異常だ」、「挙国内閣」へ継続協議

 シリアに亡命しているハマスの最高指導者メシャル氏とパレスチナ自治政府のアッバス議長が会談し、「挙国一致内閣」に向けて協議を継続することにしたそうです。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 各紙の記事を引用しておきます。

アッバス議長、ハマス指導者と会談・挙国内閣へ協議継続(NIKKEI NET 2007.01.22)

 【エルサレム=森安健】パレスチナ自治政府のアッバス議長は21日、シリアの首都ダマスカスでイスラム原理主義組織ハマスの最高指導者メシャル氏と1年半ぶりに会談した。両氏はハマスとアッバス氏率いるファタハによる内紛を終結し、「挙国一致内閣」を樹立する必要性で一致したが、条件になお隔たりがあり協議を継続することにした。

 会談後の記者会見でメシャル氏は「大きな進展があった。意見の違いはあるが対話で克服し、挙国一致内閣をつくりたい」と語った。ハマスの武装勢力に強い影響力を持つメシャル氏は「対話しかない。武力衝突は異常だ」と述べた。

 関係者によると、ハマスはこれまで固執していた内相ポストを手放すことに合意。外相、財務相、内相の主要ポストは中立的な人物が就任することが内定した。(12:42)

新内閣、合意に至らず アッバス議長とハマス幹部(東京新聞)

 【カイロ22日共同】パレスチナ自治政府のアッバス議長は21日、シリアの首都ダマスカスで、自治政府内閣を主導するイスラム原理主義組織ハマスの最高幹部マシャル氏(シリア在住)と会談。議長の支持基盤ファタハとハマスとの協調に基づく新内閣樹立に向け協議したが、合意に至らず、協議は継続されることになった。

 会談後、両者は記者会見し、議長は多くの進展があったとした上で「近い将来、協議が続開されることを希望する」と述べた。マシャル氏も意見の違いがあることを認めながら「対話こそが解決への唯一の手段」と強調した。

 会談は当初、20日に行われる予定だったが中止され、両者と別々に会談したシリアのシャラ副大統領の仲介で実現した。双方には、ハマスによるイスラエル承認や治安機関の指揮権などをめぐって食い違いが残っている。

(2007年01月22日 10時27分)

挙国一致内閣樹立継続で合意、パレスチナ・トップ会談(YOMIURI ONLINE)

 【エルサレム=柳沢亨之】パレスチナ自治政府のアッバス議長と同政府を主導するイスラム原理主義組織ハマス最高幹部のハレド・メシャル氏は21日夜、シリアの首都ダマスカスで会談し、暗礁に乗り上げている「挙国一致内閣」樹立交渉を継続することで合意した。

 ただ、イスラエル生存権の認否など基本政策で歩み寄ることはできなかった。両トップの会談は昨年1月の評議会選でのハマス勝利以来初めて。

 シリアからの報道によると、会談後の共同記者会見でメシャル氏は、「まだ複数の点で対立がある」としながらも、「対話による解決」を訴えた。2週間以内に議長率いるファタハ、ハマス間の交渉を再開するという。

 ファタハとハマスは昨夏、自治政府に対する米国などの制裁撤廃を目指し挙国一致内閣樹立交渉を始めたが、対イスラエル政策や内相人事をめぐり対立。両組織の武力衝突も頻発し、内戦突入の危機が指摘されていた。シリアはメシャル氏の亡命先。

(2007年1月22日14時12分  読売新聞)

アッバス議長とハマス指導者会談 連立政権の交渉継続(asahi.com)

2007年01月22日11時17分

 パレスチナ自治政府のアッバス議長は21日夜、訪問先のシリアの首都ダマスカスで、自治政府の内閣を握るイスラム過激派ハマスの在外指導者で政治部門トップのメシャール氏と会談した。現地からの報道によると、双方はパレスチナのガザなどで頻発する武力抗争の停止や、連立政権の交渉を2週間続けることで合意した。

 メシャール氏はシリアに住み、パレスチナのハマス軍事部門にも影響力を持つといわれる。ハマスと抗争している穏健派のファタハを率いるアッバス議長との会談は一昨年7月以来で、双方の連立政権樹立で合意するのではないかと期待されていた。

 だが、主要閣僚ポストの配分や、イスラエルの存在を認めることを含む政策合意をめぐる対立が解けなかった模様だ。パレスチナ各紙によると、ハマスは治安組織を握る内相ポストに固執し、政策合意については「従う」という表現に反対、よりゆるやかな「尊重」という言葉を使うよう求めている。

« 友寄英隆「日本型の異常な『格差景気』」 | トップページ | 品川自民党区議・築舘武雄氏が不正請求した政調費247万円を返還 »

政治3(世界3-中東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13617033

この記事へのトラックバック一覧です: ハマス最高指導者「対話こそが解決への唯一の手段」「武力衝突は異常だ」、「挙国内閣」へ継続協議:

« 友寄英隆「日本型の異常な『格差景気』」 | トップページ | 品川自民党区議・築舘武雄氏が不正請求した政調費247万円を返還 »

最近の記事

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ