« 「平和共同候補」を求める「運動」の破綻 | トップページ | アメリカが進め始めた「パレスチナ国家樹立」 »

2007年1月15日 (月)

全エネルギー産業国有化、ベネズエラ大統領が言明

 チャベス大統領の進める国有化政策の一端です。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 しんぶん赤旗の記事を引用します。

2007年1月15日(月)「しんぶん赤旗」

全エネルギー産業国有化、ベネズエラ大統領が言明

 【カラカス=ロイターES時事】ベネズエラのチャベス大統領は13日、議会で演説し、エネルギー産業を「1つ残らず」国有化すると宣言しました。大統領は「すべてのエネルギー、電力部門の国有化を決めた。全部だ」と強調しました。

 この発言は、主要産業からの外資の完全排除を強く示唆したものと受け止められています。

« 「平和共同候補」を求める「運動」の破綻 | トップページ | アメリカが進め始めた「パレスチナ国家樹立」 »

政治3(世界3-ラテンアメリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13502026

この記事へのトラックバック一覧です: 全エネルギー産業国有化、ベネズエラ大統領が言明:

« 「平和共同候補」を求める「運動」の破綻 | トップページ | アメリカが進め始めた「パレスチナ国家樹立」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ