« 石原都知事「できたら共産党以外、公明党も、民主党にも、推薦してもらう。みなさん、政策にずっと賛成しておられたんだから」 | トップページ | 友寄英隆「“上げ潮”派の『成長理論』」 »

2007年1月21日 (日)

第2・品川区の耐震診断と耐震改修の助成を、すべての戸建て住宅とマンションに広げたい

 日本共産党は第4回定例区議会(11月22日~12月7日)に「建築物耐震診断助成条例」「建築物耐震改修工事助成条例」を議会に提出しました。しかし、12月7日の本会議で採決がおこなわれ、自民、公明、区民連合(民主)、無所属の会、生活者ネットの反対で否決されました。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 要するに日本共産党以外の全会派が反対したのです。

 こんな当たり前で緊急の課題に関するささやかな提案ですら、まともな理由を何1つ挙げずに反対するとは、日本共産党以外の品川区議会議員は何と不真面目なんでしょう。職務怠慢です。

 日本共産党はいつ起きてもおかしくないとされる、直下型地震から区民のいのちを守る緊急課題として提案しました。区内には建物の倒壊の危険が指摘される旧耐震基準(1981年以前)で建設された木造住宅は2万棟、マンションは1000棟にも及びます。阪神淡路大震災は犠牲者の9割が家屋やマンションの倒壊で犠牲になっています。区民のいのちを守る立場からは疑いもなく緊急の課題なのです。

 ましてや、これまで一般質問などで「耐震助成」の実現を求めてきたのに、具体的な提案には反対するのですから、区議としての職責よりも党利・党略を優先させているとしか説明のしようがないと思います。自分たちが具体的提案をしない怠慢を棚に上げて、努力して提案されたものをわざわざつぶすとは一体どういう了見なのでしょうか。

 この問題は前にも記事に書いて(12月30日の記事)、そこで何が問題なのかが分かるように書いたつもりですし、日本共産党のなかつか亮区議の提案説明も引用させてもらいました。

 今回は、日本共産党の沢田英次区議が本会議で行った賛成討論を引用します。沢田さんは委員会審議の中で出された取るに足りない非常にくだらない反対論に対しても丁寧に説明しています。その中では、(1)区の予算はどのように使うべきなのか(2)区の政策はどのようにあるべきなのか(3)区議会と議員はどのようにあるべきなのか、という根本的な点でも32年に渡る議員生活に裏打ちされた高い見識を示されています。

 議員はこのように考えられてこそ初めて議員としての資格があるのだし、僕たち区民もこのような議員を選んでこそ初めて有権者としての責務を果たしたと言えるのだと思います。

耐震診断・改修助成条例に対する賛成討論

2006年12月7日 区議会議員 沢田英次

 私は、議員提出第11号議案「品川区建築物耐震診断助成条例」及び議員提出第12号案「品川区建築物耐震改修工事助成条例」について、日本共産党を代表し 賛成討論をおこないます。

 両案は、いつ起きてもおかしくないといわれる首都圏の直下型地震に対し、何よりも区民の命を守ること、を最大の眼目として提案するものです。

 すでに本案は、提案時に内容について説明しましたので、その柱を述べます。

 11号議案は、これまであった1981年以前の旧耐震基準で建設された木造住宅の耐震診断助成対象を、①区内全域に拡大すること。②マンションも対象とすることなどです。

 12号議案は、旧耐震により建てられた木造、マンション等の耐震改修工事に対し、新たに助成制度を創設するものです。木造の場合は75万円、またマンション等の非木造に対象拡大し、その上限を300万円とするものです。
ここで街づくり特別委員会での両案審議の際出された意見について触れたいと思います。

 1つは「財源の保証があるのか」「区単独では実施ではなく、国や都の制度の中で実施を待つべきだ」との意見です。

 わが党の提案は、財源的な裏づけも当然、検討しています。

 提案者の菊地議員は「耐震診断助成を仮にすべての対象の実施に要する費用は木造住宅2万棟で20億円、マンション1,000棟で10億円、改修助成では、木造で150億円、マンションで30億円となります」と答弁しています。

 総額210億円になり、少ない財源ではありません。しかし、自力での改修、建て替えもあるでしょう。またマンションのでは、管理組合での総会の議決などを要するためタイムラグが生ずる問題を考えれば、数年の年度をまたがった事業となります。財政的裏づけは十分と思われます。

 当区の基金残高が540億円に達していること。そればかりか大崎地区で続々と建ちあがる都市再生事業、大企業、大手ゼネコンの開発に品川区は1プロジェクト100億円以上の補助金を投入、街づくりのあり方を大企業の開発中心から、区民のいのち、環境中心に切り替えれば充分に可能であります。

 委員会では、財政の効率化の点でも意見がありましたので述べます。

 阪神淡路大震災では、倒壊した家屋の復旧等に1戸当たり3,700万円かかったことを勘案すれば、発災以前に耐震への財政投入は財政効率の点からもその優位性は明らかであります。

 なお、国において都道府県に耐震改修促進計画を義務付けた「耐震改修促進法」の制定、東京都は、緊急3カ年計画でマンションに対する診断、補強工事への助成制度を新設しています。しかし、品川区がマンションへの耐震助成を制度化しないためにその補助を受けられないのであります。

 「国や都の制度の中で実施を待つべき」との意見がありますが、国、都の流れより品川区が遅れている、といわなければなりません。

 第2は「細街路や木造密集地域の取り組みなど、災害に強い街づくりを優先すべきだ」「耐震診断、補強助成は根本的な解決にはならない」との意見です。

 耐震化でもっとも優先させる課題はなんでしょうか。言うまでもなく地震から住民のいのちや財産を守ることです。現状では数万の区民のいのちが直下型地震による危機にさらされていることを直視すべきではないでしょうか。さらに住宅の倒壊は、発災時に火災の延焼を拡大し、また復旧の点でも大きな障害をもたらします耐震診断、補強助成は地震対策のまさに核心であり、優先課題であります。

 もちろん木造密集地域や細街路の整備など町全体を災害に強いものとする根本の取り組みは大事な課題であることは、言うまでもありません。問題は、緊急課題と根本対策を対立させてはならない、と思います。

 第3は「我が党は区に実施を求めている。なぜ単独提案したのか」との意見です。

 我が党は、これまでにも乳幼児医療無料化、保育料値下げなど、条例提案をおこなってきました。その際にいつも出されるのが「区長が出そうとしないのになぜ提案したのか」の議論でした。

 私はあらためて「議会に条例制定権や予算修正権がなぜ付与されているのか」、この点を考えていただきたいと思います。

 議会は「行政が住民の願いに背を向けたり、暴走した場合、住民の立場でチェックする任務に加え、条例や予算修正により、区民要求を実現させる、立法機能が与えられているのであります。議会は行政の協賛団体ではありません

 各党が「我が党ならこうする」と区民の声を条例案にまとめ提案権を行使、各党が切磋琢磨するならば、議会は活性化、区民の信頼性は高まることは間違いありません

 さて、我が党は阪神・淡路大震災後に現地を視察。私は、その被害の大きさに大変驚きました。とりわけ中小企業のまち長田区で、瓦礫の下に埋まっている人を何人も救出した方の話を忘れることはできません。

 「死んだ人の多くは、家が壊れなかったら助かっただろう。柱の下敷きになった人、家具が倒れて負傷し、避難ができずに、数時間後に発生した火災に、逃げることができず焼死した。地震で壊れない頑丈な家を作ることこそ、地震に対する一番の備えだ」というものでした。

 私は、阪神大震災直後に、一般質問をおこないました。「住宅、マンションの耐震診断・補強工事の助成制度の実施」「低所得者向けの家具転倒防止策」を講ずるよう提案しました。当時の高橋区長の答弁は「個人の財産は個人で管理するのが原則」との冷たい答弁でした。

 その後、法律ができ、当区でも木造住宅の耐震診断と耐震助成制度ができるなど、現在は劇的な変化といわなければなりません。同時に「あれから10年間たち、新潟県中越地震であれだけの被害を受けながら、耐震改修制度が地域限定であり、マンションを対象にしていない」。これで直下型地震に間に合うのか、もし地震に見舞われたら、どうなるのかを考えると、あせりを感じます。

 街づくり委員会の審議の議事録を読みましたが、種々の意見は出されながらも、耐震改修への取り組みでは大方、一致した意見でした。また近年の本会議場での一般質問では、自民、公明、民主など各党が、耐震改修助成制度を提案しております。

 ぜひとも議員の皆さんが、我が党の提出した両案にご賛同いただきますようお願いを申し上げ、日本共産党を代表しての賛成討論といたします。

« 石原都知事「できたら共産党以外、公明党も、民主党にも、推薦してもらう。みなさん、政策にずっと賛成しておられたんだから」 | トップページ | 友寄英隆「“上げ潮”派の『成長理論』」 »

政治5(品川区7-地震対策)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13593946

この記事へのトラックバック一覧です: 第2・品川区の耐震診断と耐震改修の助成を、すべての戸建て住宅とマンションに広げたい:

« 石原都知事「できたら共産党以外、公明党も、民主党にも、推薦してもらう。みなさん、政策にずっと賛成しておられたんだから」 | トップページ | 友寄英隆「“上げ潮”派の『成長理論』」 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ