« パレスチナばかりがなぜ虐げられる! | トップページ | 自民党政治を突き崩し改革していくのは日本共産党である・森喜朗元首相の告白 »

2006年12月18日 (月)

北京での中東和平セミナーでパレスチナ・イスラエルの代表団が声明

 中東和平に関するセミナーが北京の釣魚台国賓館で15日に開かれ、イスラエルからはベイリン元法相が、パレスチナからはハミド元国務相が出席したそうです(今朝のしんぶん赤旗)。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 セミナー終了後に双方の代表団が声明を発表し、双方の指導者に対して(1)停戦の強化・拡大(2)拘束されているイスラエル兵とパレスチナ政治囚の即時釈放(3)ガザとヨルダン川西岸の間のパレスチナ人の自由通行の保障などを呼びかけたそうです。

 続いて16日には中国の李肇星外相がベイリン・ハミド両氏と会見し、「(セミナー参加者が)パレスチナ、イスラエルが交渉のレールに再び戻る上で建設的筋道を示した」と述べたそうです。

 これがどの程度の影響力をもつか僕には分かりませんが、このような努力が続けられていることに注目したいと思いました。

« パレスチナばかりがなぜ虐げられる! | トップページ | 自民党政治を突き崩し改革していくのは日本共産党である・森喜朗元首相の告白 »

政治3(世界3-中東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13107397

この記事へのトラックバック一覧です: 北京での中東和平セミナーでパレスチナ・イスラエルの代表団が声明:

« パレスチナばかりがなぜ虐げられる! | トップページ | 自民党政治を突き崩し改革していくのは日本共産党である・森喜朗元首相の告白 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ