« 証券優遇税制でわずか7,525人に869億円の贈り物とはあきれた | トップページ | 北京での中東和平セミナーでパレスチナ・イスラエルの代表団が声明 »

2006年12月17日 (日)

パレスチナばかりがなぜ虐げられる!

 パレスチナ自治政府のアッバス議長が、パレスチナ評議会(国会に相当)と自治政府議長の選挙を早期に実施すると表明したそうです。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 これは直接にはパレスチナ解放機構(PLO)主流派のファタハと今年1月25日の評議会選挙で単独過半数を獲得したハマスとの統一政府ができないことを解決するために打ち出されたものですが、そもそもはハマスが単独過半数を押さえ政権を獲得したことが気にくわないイスラエル・アメリカそしてヨーロッパ諸国が援助停止などの財政的圧力を加え、さらには軍事的圧力を加えることによってパレスチナ人を徹底的に虐げていることに根本原因があります。

 民主的選挙を要求しながら、その民主的選挙の結果を受け入れようとしないのです。

 勝手気ままにパレスチナ領土を侵略し、パレスチナ人を殺すイスラエルの行為は事実上受け入れながら、パレスチナ人の民主的選挙の結果は受け入れないイスラエル・アメリカ・ヨーロッパ諸国こそ本来はその誤った行動を改めるべきでしょう。イスラエルの侵略的・暴力的行動こそが少なくとも北朝鮮並みの徹底的な制裁を受けるべきです。

 ハマスがイスラエルを承認せず暴力を放棄しないという問題点はもちろんありますが、イスラエルに同じことを十分に要求してこなかった欧米諸国のやり方がハマスの問題点解決の障害になっていることを自覚すべきです。

 真っ先にまた根本的に改められるべきは、イスラエルの侵略と暴力の政策体系そのものなのです。

« 証券優遇税制でわずか7,525人に869億円の贈り物とはあきれた | トップページ | 北京での中東和平セミナーでパレスチナ・イスラエルの代表団が声明 »

政治3(世界3-中東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/13102139

この記事へのトラックバック一覧です: パレスチナばかりがなぜ虐げられる!:

« 証券優遇税制でわずか7,525人に869億円の贈り物とはあきれた | トップページ | 北京での中東和平セミナーでパレスチナ・イスラエルの代表団が声明 »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ