« 赤旗祭りで安藤たい作始め品川区議団のみなさんのあいさつを聞いてきました | トップページ | ドラマ「巧妙が辻」 »

2006年11月 6日 (月)

最終日も赤旗祭りに行っちゃった

Armenianbrandy  最初はそんなつもりではなかったんですけど、昨日も赤旗祭りに行ってしまいました。やんなきゃなんないいろいろを山積みにしたまま・・・。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 だって、うちの近くの大崎駅からだと、りんかい線に乗れば20分足らずで会場のある新木場に着いちゃうんですよねー。

 昨日は1人です。何を見ようという目的もなく行ったから、結局主として物産展を見て回ることになりました。今、経済的に苦しいから何も買わないでおこうと思っていたのですが、うまそうなものがわんさかあって結局いろいろと味わってしまいました。中でも印象的だったのが、岩手県のイワナの塩焼き。ついでに地ビール。友人お薦めのアルメニアブランデーも買ってしまいました。これ確かにうまいんですよー。

 思わず得しちゃったのは、物産展の隣でやっていた大書籍市で、昨日発売になったばかりの不破哲三さんの著書『日本共産党史を語る(上)』に目の前でサインしてもらい、しかも握手をデジカメにおさめてもらったこと。サインはいざ知らず、写真までサービスしてもらえるとは思わなかった。これは我が家の家宝ですね(^^;。現場では、大学生くらいの若い女性も一緒に携帯におさまって大喜びしてました。

 不破さんは、僕の母親とドンピシャ同い年で、体力的にもたいへんだろうに、その闘志に大いに感激しました。

 この本は、8月にあった特別党学校での不破さんの講義を収めたもの。「日本共産党の歴史は、たんなる諸事件の連続ではなく、科学的社会主義の思想と運動が日本に根をおろし、さまざまな苦難や曲折をへながら、私たちが活動している今日の時点まで発展してきた歴史」という視点で書かれています。これは非常に大事な視点です。しっかりと自分のものにしていきたい。

« 赤旗祭りで安藤たい作始め品川区議団のみなさんのあいさつを聞いてきました | トップページ | ドラマ「巧妙が辻」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/12578481

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日も赤旗祭りに行っちゃった:

« 赤旗祭りで安藤たい作始め品川区議団のみなさんのあいさつを聞いてきました | トップページ | ドラマ「巧妙が辻」 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ