« 衆院での教育基本法改悪案の強行採決、愚かなり(阿部菜穂子「安倍政権は、問題の多いイギリス『教育改革』に追随するのか」(『世界』11月号)) | トップページ | 教育基本法改悪案、自民・公明が参議院で審議入り強行 »

2006年11月17日 (金)

映画「モダン・タイムス」

 素晴らしい映画でした。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 有名な映画ですが、制作が70年前(1936年)なので言われるほど面白いものではないだろうと思って今まで見てませんでした。たまたまテレビでやってたので見た次第。自分の思い込みが見事に裏切られました。

 一般に機械文明批判の天才的先取りという点が絶賛されてるような印象がありますが、それにとどまらず、人間讃歌・人生讃歌の映画だと思いました。テーマも脚本も演技も映像も何もかも素晴らしい。また見たいと思える映画です。

 演じるチャップリンを見ていると、何カ所かで、どういう訳か渥美清さんの演じる寅さんを思い出してしまいました。表情と身振りがそっくりだったんです。渥美さんはチャップリンの演技を盗んだんでしょうか。それとも僕の勘違い・見間違いなのでしょうか。

« 衆院での教育基本法改悪案の強行採決、愚かなり(阿部菜穂子「安倍政権は、問題の多いイギリス『教育改革』に追随するのか」(『世界』11月号)) | トップページ | 教育基本法改悪案、自民・公明が参議院で審議入り強行 »

映画・テレビ4(アメリカ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/12715741

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モダン・タイムス」:

« 衆院での教育基本法改悪案の強行採決、愚かなり(阿部菜穂子「安倍政権は、問題の多いイギリス『教育改革』に追随するのか」(『世界』11月号)) | トップページ | 教育基本法改悪案、自民・公明が参議院で審議入り強行 »

最近の記事

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ