« 韓国料理「ワンス」 | トップページ | 周辺事態法の適用は、北朝鮮制裁決議1718違反(追加) »

2006年10月17日 (火)

中川昭一自民党政調会長の、日本の核保有「議論は必要」との発言について(追加)

 日経2006年10月16日付によれば、中川昭一自民党政調会長は、テレビ朝日の番組の中で、北朝鮮の核実験実施の発表を受けて海外などで日本の核武装が取りざたされている問題について「憲法でも核保有を禁止していない。日本が攻められないようにするための選択肢として核ということも選択肢としてはある。議論は大いにしないといけない」と明言したそうです。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 また、「核があることで攻められる可能性が低いという論理は当然あっていい」と述べたそうです。

 さらに、番組終了後、記者団に「非核三原則という重たい約束がある。今すぐ(核保有)はしない」と説明し、そのうえで「日本の周りの状況を考えたとき、当然持つべしという意見が出てきている」と語ったそうです。

 これに対して、しんぶん赤旗16日付によると、同じ番組に出演していた日本共産党の小池晃政策委員長は、「今こういう事態になって、核兵器に対して核兵器を持って対抗するというエスカレーションでは恐怖の世界になっていくことは明らかだ」と批判し、「アメリカは核兵器を持っている以上、核を持つことが悪だという主張はできない。日本は唯一の被爆国として核を持たないからこそ、核をなくそうという主張ができる。日本としての役割が果たせる」と主張したそうです。

 また、同紙17日付によると、日本共産党の市田忠義書記局長は、16日の国会内の記者会見で、「絶対に許すことのできない発言だ」ときびしく批判し、「”目には目を、歯には歯を”の最悪の見本のような発言だ。国会でも安倍首相自身が再三、国是としての『非核三原則』を堅持していくと明言しているわけで、核保有の是非をめぐって議論する余地などまったくない」と指摘したそうです。

 そのうえで、今日本が力をそそぐべきことは、全会一致で採択された国連の安保理決議に即して国際社会と一致して平和的外交的努力を通じて問題を解決することにあることを強調し、「むこうがやるならこちらもやる。『核武装を議論して当然』というのはあまりにも無責任な態度で憤りを禁じえない」と述べたそうです。

 加えて、より根本的な視点から、核問題そのものに言及し、NPT(核不拡散条約)体制が1970年に発足して以来、核保有国が増えてきたという現実に触れて、そうであるからこそ、今新たに核保有を宣言する国(北朝鮮)が現れた状況のもとで、「現実的根本的課題として、核兵器の全面廃絶を真剣に追求すべきときだ」と指摘したそうです。そのうえで、その際、「唯一の被爆国で非核三原則を国是とする日本が果たすべき国際的役割は非常に大きい」と強調したそうです。

 この市田氏の発言は、何事につけ、問題を現実に即して根本的・全体的に把握し解決していくという科学的社会主義(マルクス主義)の真骨頂を示したものだと思います。

 これに対して、中川氏は、核兵器の保有が自国の安全を保障することになるという、金正日氏と同じイデオロギーを持った人物として、最大限に強い批判を受けなければならないと思います。

 国連安保理の北朝鮮制裁決議1718は、北朝鮮の核実験が、地球規模の核不拡散体制強化の国際的努力への挑戦であり、北東アジア地域の平和と安定に危険をもたらし、緊張を高め、従って、国際の平和と安全への明白な脅威を作り出した、と認定しています。

   *決議1718等の国連安保理決議は、以下のページにあります。

      http://www.un.org/Docs/sc/unsc_resolutions06.htm

   *決議1718の全文の日本語訳(しんぶん赤旗17日付)は、以下のページにあります。

      http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-10-17/2006101704_04_0.html

 技術力が低いと見られている北朝鮮の核実験ですら、このように認定されるわけですから(そしてそれはその通りだと思います)、ましてや、その技術力からいって核兵器開発・保有能力を当然持つと見られている日本が、中川氏のように核兵器保有の意欲を示すならば、より強い意味で国際の平和と安全への明白な脅威とされかねないでしょう(これまたその通りだと思います)。

 金正日氏や中川昭一氏のような特殊な、あるいは単純かつ異常なイデオロギーで世界を見てはならないのです。あくまでも現実を、事実を見て、理性的に考えなければなりません。

 同じくしんぶん赤旗17日付によると、16日に、日本ペンクラブ会長の井上ひさし氏は、北朝鮮の核実験について「国際社会を愚弄するもので許されない。全存在を賭けて反対する」と厳しく批判する声明文を発表し、その際に、この中川氏の発言について、世界の現実を踏まえておらず、「ぼやぼやしていたら核兵器でやられるという効果を狙うもの。幼稚な発言で政治家失格だ」と発言したそうです。

 「自民党をぶっ壊す」と大見得を切ったのは、小泉純一郎前首相でしたが、中川氏のような人物が政調会長に任命されるような自民党は、確かにぶっ壊れているのかもしれません。常識的な考えとしては、中川氏は政調会長を解任されるべきでしょう。

 なお、この記事は土佐高知さんの以下の記事にトラックバックを送りました。

   「中川昭一=金正日」核大好きコンビ!

   やっぱりといえばそれまでだが…(^^;

 さらに、良い国作ろう鎌倉幕府さんの以下の記事にもトラックバックを送りました(2006/10/20 00:27)。

   日本核武装論の波紋

« 韓国料理「ワンス」 | トップページ | 周辺事態法の適用は、北朝鮮制裁決議1718違反(追加) »

政治2(日本外交3-核兵器)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/12324930

この記事へのトラックバック一覧です: 中川昭一自民党政調会長の、日本の核保有「議論は必要」との発言について(追加):

» 北朝鮮、中国、ロシアが核武装。虐殺の起こる条件が整った? [町人思案橋・クイズ集]
●★●●●●● 問題:「日本核武装論:米大統領初言及 国内議論けん制の可能性も」(MSN Mainichi Interactive 061017) http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061017k0000e030052000c.html ●中川昭一自民党政調会長の「核武装の議論を」という発言に、米国が反応しているそうです。米国は、日本に核武装してほしくないようです。●我が国の軍事力については、周辺諸国に比べ、突出して強くする必要は...... [続きを読む]

» 日本核武装論の波紋 [株9.Net]
先日の中川政調会長に続いて麻生外相まで核武装論を出してきた。一つは中国とアメリカに対する牽制なのだろう。日本には核武装する技術はあり、自前でロケットを打ち上げれるのだから、やる気になれば割と早い段階で核弾道ミサイルは作れるのです。中国とアメリカが日本の...... [続きを読む]

» 消えた・・・ [StillLife−今の気持ちの描写。]
北朝鮮・・・中国・・・米国・・・ユダヤ文化・・・イスラム諸国・・・そして日本・・・真面目に真剣に数日考えていたことを書いたけど、操作ミスで戻るボタン押して、長文が消えてしまった・・・ちょっと復活できぬ・・・。どうしよ。箇条書きでもしとこ。潜在的に怖いの...... [続きを読む]

« 韓国料理「ワンス」 | トップページ | 周辺事態法の適用は、北朝鮮制裁決議1718違反(追加) »

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ