« 映画「Vフォー・ヴェンデッタ」 | トップページ | オリガルヒとプーチン »

2006年10月13日 (金)

北朝鮮の核実験実施への国連安保理制裁決議

 9日の北朝鮮の核実験実施声明以来、テレビなどでは、臨検だ、周辺事態だ、集団的自衛権だと喧(かまびす)しい。一部の政治家とそれに無批判なマスコミです。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

 たった今届いた日経2006年10月13日付夕刊によると、国連安保理では、北朝鮮への制裁決議案に大筋合意したらしい。

 それによると、制裁の根拠を「国連憲章第7章41条」と明記して、非軍事的措置に限定した上で、件(くだん)の臨検に関しては、「北朝鮮に出入りする船舶への臨検」は「加盟国が必要と判断し国内法の規定があれば」という条件が付けられ、「必要と判断」しない国には実施を強制しない表現となったそうです。

 さまざまな国々の真剣な努力の成果だと思います。外交のあるべき姿を現実に示したものだと思います。

 それに比べて、上記の日本の一部の政治家やマスコミのレベルの低さが、いつものこととはいえ腹立たしい。

 必要なのは、北朝鮮を6カ国協議に復帰させて、さまざまな国際的取決めを守らせ、核実験をやめさせ、核兵器の開発計画を放棄させることであって、日本の憲法9条改定といった政略に利用することではありません。

 人気blogランキング投票←励みになりますのでクリックお願いします(^^)v

(参考-国連憲章から)

http://www.unic.or.jp/know/kensyo.htm

第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動

第39条

 安全保障理事会は、平和に対する脅威、平和の破壊又は侵略行為の存在を決定し、並びに、国際の平和及び安全を維持し又は回復するために、勧告をし、又は第41条及び第42条に従っていかなる措置をとるかを決定する。

第40条

 事態の悪化を防ぐため、第39条の規定により勧告をし、又は措置を決定する前に、安全保障理事会は、必要又は望ましいと認める暫定措置に従うように関係当事者に要請することができる。この暫定措置は、関係当事者の権利、請求権又は地位を害するものではない。安全保障理事会は、関係当時者がこの暫定措置に従わなかったときは、そのことに妥当な考慮を払わなければならない。

第41条

 安全保障理事会は、その決定を実施するために、兵力の使用を伴わないいかなる措置を使用すべきかを決定することができ、且つ、この措置を適用するように国際連合加盟国に要請することができる。この措置は、経済関係及び鉄道、航海、航空、郵便、電信、無線通信その他の運輸通信の手段の全部又は一部の中断並びに外交関係の断絶を含むことができる。

第42条

 安全保障理事会は、第41条に定める措置では不充分であろうと認め、又は不充分なことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、海軍または陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。

« 映画「Vフォー・ヴェンデッタ」 | トップページ | オリガルヒとプーチン »

政治2(日本外交2-北朝鮮)」カテゴリの記事

政治3(世界3-アジア-東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190737/12273397

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験実施への国連安保理制裁決議:

» 北朝鮮制裁決議(国連安保理)非軍事制裁措置で基本合意 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「北朝鮮制裁決議(国連安保理)非軍事制裁措置で基本合意」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006... [続きを読む]

» 破綻する峻別論☆集団的自衛権と個別的自衛権 [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3 安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で、集団的自衛権の行使について「個別的自衛権と集団的自衛権の間にあるものについて、(個別事例の)研究を行った結果、(それらの中には)わが国が禁止する集団的自衛権の行使ではないという解釈を政府として出すということも十分あり得る」と述べ、集団的自衛権を巡る政府の憲法解釈を変更する可能性につき言及された。 北朝鮮の「核実験実施の発表」を契機にして米国の軍事攻撃が取り沙汰されている現在、我が国が取りうる武力行使の範囲を..... [続きを読む]

« 映画「Vフォー・ヴェンデッタ」 | トップページ | オリガルヒとプーチン »

最近の記事

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ