カテゴリー「映画・テレビ2(アジア・アフリカ)」の34件の記事

2009年10月24日 (土)

映画「追憶の切符」

 ジェイコブ・チャン監督。

 やはりテレビで見ました。親の子を思う愛情というテーマは陳腐ではありますが、でもやっぱり感動させられますね。親の愛情、と抽象的に言われると、何と言うこともない気がするのですが、具体的に見せられると、やっぱり改めて感動させられます。

 雲南省が舞台となり、登場人物にも作中で「桃源郷」と言わせていますが、確かにこれ自体感動的に美しいものでした。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

映画「My Son - あふれる想い - 」

 チャン・ジン監督、脚本。

 テレビで見ました。うーん、残念ながら、僕の感想としては今一つでした。強盗殺人罪で無期懲役になっている主人公が、1日だけ刑務所からの出所を許され息子に会うというテーマで、これ自体はいいのですが、期待とは違った作品でした。

 前半が、僕には単なるファンタジーと感じられて、物足りませんでした。仕事の都合か何かで15年間会えなかった父親と息子の再会といったのと同じような描き方に思え、強盗殺人を犯した父親と息子の15年ぶりの再会という描き方ではないように思えたのです

 後半に大どんでん返しがあって、それ以降の展開はまずまずいいのですが、全体としてはやはり今一つです。

 結局、いいテーマで、いい話なのですが、物足りない。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2009年2月 1日 (日)

映画「トゥヤーの結婚」

 ワン・チュアンアン監督。

 生活の中での事故により下半身不随となった夫と2人の子供を養う、中国は内モンゴル自治区に住む女性が、自らもそれに近い状態に陥ったため、家族4人が生きていく労働力を得るべく、愛する夫と離婚して新たに結婚するという道を選ぶ中で展開される物語。

 本人と社会の貧しさの中で、主人公トゥヤーが家族への愛を貫こうとして引き受けてしまう苦難を描いています。以前、中国南部の奥地で今も残るある少数民族の一妻多夫制のドキュメンタリーを見ましたが、それも貧しさ故の制度でした。1つの家族を1人の夫の労働力では支えられないが故の一妻多夫制なのです。本作もこれとは事情が異なりますが、類似の問題だと思います。

 男女の愛情、その結果としての結婚と家族は、当然生きること、従って生活することを前提にしますから、極端に貧しい国と地域ではこういうことが問題になりますし、ここまでの貧しさは基本的にないといってよいであろう日本でも、別の形でこの愛情と生活が問題になるのだと思います。そういう意味では他人事ではありません。

 こういう苦難の中で、トゥヤーとその家族、また幾人かの求婚者達の人柄が露わになり試されて行きます。落ち着くべき所に事態は進んで行きますが、それは一直線ではないし、ゆっくりとでしかありません。しかも苦難そのものが解決する訳でもありません。人間は完全なものではないからでもありますが、貧しさは個人の努力によって解決できるものではないからだと思います。

 苦難を真正面から描くと共に、その中に垣間見える様々な形のささやかな希望をも描き、とても良い作品だと思いました。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2009年1月20日 (火)

映画「ココシリ」

 ルー・チューアン監督。

 実話に基づいているそうで、チベットの厳しい自然と、それと格闘しながら生きる人々を描いて、迫力と重みを感じる作品です。楽しめました。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2008年12月14日 (日)

映画「ユゴ 大統領有故」

 イム・サンス監督。

 コメディ風に描いてあるので途中物足りなくも思いましたが、見終わった後には意外とよく描いていたと感じました。冒頭にある当時の政治状況の映像・解説と、最後の葬儀の様子を合わせ見ると、イム・サンス監督は、何とかこの事件の全体像を掴もうとしてこの作品を作ったんだなと感じられました。結果、物足りなさもあるものの、意外と見応えのある作品に仕上がっていると思います。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

映画「私にも妻がいたらいいのに」

 パク・フンシク監督。「初恋のアルバム -人魚姫のいた島-」の監督ですが、「京義線(キョンイセン)」の監督とは同姓同名の別人だそうです(「yohnishi's blog (韓国語 映画他)」この記事を参照)。

 ごく平凡な男女の平凡な恋の物語。見たのは今回2度目ですが、1度目はソル・ギョングさんに関心を持ったときに見、今回はチョン・ドヨンさんにも関心を持ったので再度見ました。

 2度見てやっと分かりました。この2人の優れた役者が演じたからこそ、これが作品として成功していることを。2人は平凡さを本当に自然に演じています。それを感じ取れたときに、この平凡な人生と恋の中の幸せと、その大切さを感じ取れたような気がしました。つまらない作品だと思う方もたくさんいらっしゃるでしょうが、2度見たお蔭でかなり好きな作品になってしまいました。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

映画「京義線(キョンイセン)」

 パク・フンシク監督。ただし、「初恋のアルバム -人魚姫のいた島-」「私にも妻がいたらいいのに」のパク・フンシク監督とは同姓同名の別人だそうです(「yohnishi's blog (韓国語 映画他)」この記事を参照)。

 飛び込み自殺のために人を轢く結果となった地下鉄運転士と、専攻を同じくする先輩との不倫に敗れたドイツ文学の大学講師が、たまたま乗り合わせた京義線(キョンイセン)の終電で終点まで乗り過ごしてしまい、1晩抱える事情を語ったことを切っ掛けに再生していく物語。

 飛び込み自殺をしたのは、この運転士に毎月定期的に差し入れをしていた足の悪い女性です。この女性が未だ謎として残ります。もう1度見たい作品です。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2008年9月22日 (月)

映画「接続 ザ・コンタクト」

 チャン・ユニョン監督。

 これもチャン・ドヨンさん目当てで見た作品。古い恋で傷を抱えた2人がネットのチャットで知り合い、気持ちを深め合って最後には出会うというよくある物語ですが、なかなかしゃれた撮り方をしており、また2人の屈託のある様子が割とよく描かれていて、とてもいい作品でした。男役のハン・ソッキュさんはもちろん、女役のチョン・ドヨンさんがとてもいい雰囲気を出してます。この人は、「シークレット・サンシャイン」でもそうでしたが、何か割り切れないものを抱えながら生きている役が一番いいかもしれません。もう11年も前の作品ですが、お勧めです。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

2008年9月17日 (水)

映画「初恋のアルバム -人魚姫のいた島-」

 パク・フンシク監督。

 これもチョン・ドヨンさん目当てで見た作品。彼女が娘とその母親の若いときの一人二役を演じているので、その演技が楽しめます。自分が嫌っている両親の若いときの恋愛の様を、タイム・スリップして見てしまうという筋立てで、心温まる作品になっています。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

映画「スキャンダル」

 イ・ジェヨン監督。

 チョン・ドヨンさんが見たくて見た作品。日本公開のときはペ・ヨンジュン主演とか、官能的ということが強調されていたように思いますが、実際に見た印象は恋愛をテーマにした普通の映画というものでした。ペ・ヨンジュンさんは意外とお似合いの役だったように思います。僕自身の好みのストーリーでもテーマでもありませんが、意外と良くできた作品だと思いました。

Banner←励みになりますのでクリックお願いします

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | 司法2(少年法) | 司法2(被害者) | 司法3(投票価値) | 司法3(政治活動の自由) | 司法3(自衛官の人権) | 司法4(戦争-中国残留孤児) | 司法4(戦争-南京大虐殺) | 司法4(戦争-原爆症) | 司法4(戦争-強制連行) | 司法4(戦争-従軍慰安婦) | 司法4(戦争-戦争犯罪) | 司法4(戦争-沖縄戦) | 政治1(日本01) | 政治1(日本02-日米安保) | 政治1(日本03-憲法) | 政治1(日本04-自衛隊) | 政治1(日本05-自衛隊-自衛官の人権) | 政治1(日本06-自衛隊-国民監視) | 政治1(日本07-教育) | 政治1(日本08-経済・労働・社会保障) | 政治1(日本09-環境) | 政治1(日本10-日本の侵略戦争) | 政治1(日本11-日本の侵略戦争-従軍慰安婦) | 政治1(日本12-日本の侵略戦争-強制連行) | 政治1(日本13-日本の侵略戦争-中国残留孤児) | 政治1(日本14-日本の侵略戦争-沖縄戦) | 政治1(日本15-日本の侵略戦争-特攻) | 政治2(日本外交1) | 政治2(日本外交2-北朝鮮) | 政治2(日本外交3-核兵器) | 政治3(世界1-アメリカ1) | 政治3(世界1-アメリカ2-外交) | 政治3(世界1-ヨーロッパ1) | 政治3(世界1-ヨーロッパ2-外交) | 政治3(世界2-中国・ベトナム・キューバ) | 政治3(世界3-アジア-東南) | 政治3(世界3-アジア-東) | 政治3(世界3-アフリカ) | 政治3(世界3-ラテンアメリカ) | 政治3(世界3-中東) | 政治3(世界4-旧ソ連・東欧) | 政治4(東京都1) | 政治4(東京都2-石原知事の都政私物化) | 政治4(東京都3-政務調査費) | 政治5(品川区1) | 政治5(品川区2-安藤たい作) | 政治5(品川区3-政務調査費) | 政治5(品川区4-高齢者医療費) | 政治5(品川区5-子ども医療費) | 政治5(品川区6-子ども保育料) | 政治5(品川区7-地震対策) | 政治5(品川区8-議員定数) | 政治6(地方政治) | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ1(日本) | 映画・テレビ2(アジア・アフリカ) | 映画・テレビ3(ヨーロッパ) | 映画・テレビ4(アメリカ) | 書籍・雑誌 | 科学的社会主義(マルクス主義)

最近の記事

カテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

興味のあるHP・Blog

無料ブログはココログ